お仕事情報

  • 3/20発売
  • 集英社オレンジ文庫
    今日から「夫」と言われても~NDY企画 任侠事件簿~
  • 新釈 グリム童話 ※アンソロジーです
  • 発売中
  • コバルト文庫
    夜来香恋結店(イエライシャンこいむすびてん)
  • 集英社文庫
    ザ・藤川家族カンパニー3 漂流のうた

Imformation

  • 響野夏菜のそのひぐらし へようこそ^^
    * 当ブログは響野夏菜管理のブログです。
  • * コメントは承認制ではありません、お気軽にどうぞ~。 当方の余力その他により、本文欄でコメント返しあるいは内容に触れることもありますが、ないときもあります。あくまでも、こちらの余力いかんなので、気にしないで下さいませ。
  • * 質問もコメント欄、あるいはメールで受け付けますが、原則作品に関することのみ、そして答えられることであれば本文上で回答いたします。メールでお問い合わせいただいても、メールでのお返事は差し上げておりませんのでご了承ください。
  • * 当ブログの内容を、許可なく二次加工・利用・第三者への配布をすることはご遠慮ください。
  • * 不適当と思われるコメントは、投稿者の承諾なしに削除させていただくことがあります。 また、混乱を避けるため、コメント欄を一時的に閉鎖させていただく場合もございます。ご了承ください。

最近のコメント

無料ブログはココログ

キューピー3分クッキング

« WebページSS〈ローレシュ男子会〉の夜 | トップページ | 【ウーロン姫】キャラクター設定、その2 »

今だから言えること 恵みの環の花嫁篇

さいきんウーロン姫さま関連の記事ばかりですが、

そういや、最終巻のこれをやっていなかったと思い出したので「今だから言えること」でございます。

今回はシリーズファイナルということで、シリーズを通しての裏話をば。

この作品を書いたいきさつについては、以前あとがきで
「鳥籠の王子とお掃除係」バージョンを書くつもりが、
イロイロあって成立せず、
時間を置き、設定に手を加えてスタートさせたと書いたことがありますが、

今だから明かしますと、ホントはあともうひとつ、後押しの要素があったのでした。

「あなたは恋愛もの、向いてると思うよ」

新シリーズを何にしようか悩んでいるときに、C編の初代担当さんがそう言ってくださったのです。

というか、じつはそう言われるのは初めてじゃありませんでした。
まだデビューして間もない頃にも、そんなことを言われていたのですが、
当時アクションファンタジーを書いている上に、作中で「愛」とか「恋」という言葉なんて死んでも使うものか(すごい抵抗感、そんなにかw)、タイトルに「恋」がつくなんて論外!! と思っていたわたしは

「何言ってんだ、このおっさん」←男性だったので。

と聞き流しまして。

10年ほど、その話は記憶の彼方に放置しておりました。

それが3年前、ウンウン言っているときに偶然お話しする機会がありまして、
(その頃はもう担当を離れてらした)
「次のお話、どうしよっかな~と思って」
みたいなことをちょこっと言ったら、

こう↑おっしゃったわけです。

さすがに以前より人の話に聞く耳は持つようになりましたが、
でもそのときも、内心の感想としては

「本当かよ」

でした。
(言葉使い悪いなぁ。でも、普段のわたってばこんなもんですsweat01

とはいえ、「以前もいったでしょ。これこれこうだよね」とこれまでの作品も分析されて、うなずけるところもあり、
シリーズの方向性を考えるため、心にとどめることにしたのでした。

あのとき、そういう会話がなかったら、お話は少し違うものになっていたかもしれません。

だけど、振り返ってみるとさ。

自分では潔癖なほど文章中から特定単語を排除してみようと、
デビュー作から恋の要素は入ってました(笑)

指導されたわけじゃなく、ナチュラルにいれておいて「恋愛なんて書きません」て
どんな思い込みだわたし・・・・(笑)

S黄尾にも、入ってたよね(笑)

どうでもいいですけど、ガイユも今きみも
ダナークもそういう意識はありませんでした(笑)

おい、と現在のわたしなら自分にツッコミいれます。

まあ、恋愛は主体ではなく、あくまで枝葉の一つのつもりだったので、
そんな捉え方だったわけですけれども。

かつて、こだわって躍起になっていた自分を思うと、
ちょっとおかしいです。

もちろん、いまでもまた別のことにこだわっているので、
10年くらいしたら「そんなことに労力を・・・」と思うのでしょうなぁ。

そんなこんなで、作中に恋愛要素を盛り込むことを、
ウーロン姫さまで初めて意識したわけですが。

白状すると、初めは相当こっぱずかしかったです。
該当シーンに来ると、モンゼツしながら数日かけて書くこともしばしば。

現担当さんに「ゼッタイわたしって向いてないですよね。きっと恋愛DNAがないんだ」
とぼやくのもしょっちゅう。

いやいやいや、今までもわりと書いてましたよアナタ。

タイトルや文章に「愛」「恋」「恋愛」をいれることにそれほど抵抗がなくなったのは、
シリーズも半ばにさしかかってからのことでした。

いまはどうなんだろう。うーん。
「甘い生活」や「姫さま、恋愛禁止です!」を書いておいて何をというカンジですが、
やっぱし恥ずかしいですかね。
恥ずかしいことを、客観的に楽しめるようにはなりましたけど。
そこが成長点ですかね(笑)

うわぁ、ごめんなさい。また長文だ~。
というわけで、今回の話はここでおしまいです☆

« WebページSS〈ローレシュ男子会〉の夜 | トップページ | 【ウーロン姫】キャラクター設定、その2 »

今だから言えること」カテゴリの記事

本日も晴天なり?

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

集英社文庫既刊

  • ザ・藤川家族カンパニー
    あなたのご遺言、代行いたします/ブラック婆さんの涙/漂流のうた

集英社オレンジ文庫既刊

  • 新釈 グリム童話
  • NDY企画 任侠事件簿
    今日から「姐」と言われても/今日から「夫」と言われても

Cobalt文庫既刊

  • 夜来香恋結店
  • 東京S黄尾探偵団 夏休みだヨ、全員集合!
    (コバルト文庫「書き下ろしアンソロジー① 龍と指輪と探偵団」に収録)
  • 薔薇の純情
    背徳の黒き貴公子
  • 鳥籠の王女と教育係シリーズ(全12冊)
    婚約者からの贈りもの/魔王の花嫁/永遠の恋人/姫将軍の求婚者/さよなら魔法使い/嵐を呼ぶ王子/恵みの環の魔王/魔法使いの選択/〈国守り〉の娘/夢で逢えたら/魔王の遺産/恵みの環の花嫁
  • 今夜きみを奪いに参上!シリーズ(4冊)
    紅(あか)の宝玉/忘れられた楽園/翼のない王/千人王の恋人
  • ダナーク魔法村はしあわせ日和シリーズ
    都から来た警察署長/ひみつの魔女集会/ドラゴンが出たぞ!/いとしのマリエラ/ただしい幻獣の飼い方
  • ガイユの書シリーズ(全4冊)
    薔薇の灰に祈りを/薔薇の灰に恋(こ)がれ/薔薇の灰は雪に/薔薇の灰は闇に
  • 東京S黄尾探偵団シリーズ(全28冊)
    少女たちは十字架を背負う/ 青の封印/ Kの処刑場/五月、拉致られる/さらば愛しき女(ひと)よ/羊たちの祭壇/竹林(ちくりん)温泉殺人事件/時計台の首縊り(くびくくり)の鐘/魔都に鳴く龍/ 君にささげる花束/ Sの葬列/俺たちは天使じゃない/ローマの厄日(やくじつ)/宝島へようこそ/シンギング・バード/奥様は魔女!?(マンガ版)/保健室とマシンガンv/ 嵐の歌を聴け/その女、凶暴につき/八月の雨/Uの烙印/もっとも危険なゲーム/バカップルがいっぱい/雨の海に眠れ/S黄尾、解散!?/ 史上最大の作戦(前編・後編)/奥様は魔女!? リターンズ
  • 振り返れば先生(ヤツ)がいるシリーズ(全2冊)
    振り返れば先生がいる/振り返れば先生がいる2ndシーズン
  • 王子様にキスを
  • 人は影のみた夢シリーズ(全4冊)
    人は影のみた夢①~④
  • 華(はな)は藤夜叉シリーズ(全2冊)
    華は藤夜叉/PURE GOLD
  • アル-ナグクルーンの刻印シリーズ(5冊)
    クィンティーザの隻翼(かたはね)/エズモーゼの左手/星は踊る/ 月を狩る森/砕けた紋章
  • この雪に願えるならば
  • 雨の音洲(あめのおとしま)秘聞シリーズ(全3冊)
    闇燈籠(やみどうろう)心中 桜の章、吹雪の章/ 朧月鬼夜(おぼろづきよ)抄
  • 月虹(げっこう)のラーナ
  • 羽硝子(ハネガラス)の森
  • 睡蓮の記憶
  • カウス=ルー大陸史・空の牙シリーズ(全17冊)
    誘いの刻(とき)/太陽のエセラ/ 祭りの灯(ひ)/嵐が姫《幽幻(ゆうげん)篇》《風雷篇》/忘我の焔/今日命(きょうめい)の螺旋/かさねの鉢植/女神の輪郭(前編・後編)/影朧(かげろう)の庭/聖女の卵/夢眩(むげん)の鏡/華烙(からく)の群れ/蘭の血脈《天青(てんじょう)篇》《地猩(ちじょう)篇》《紫浄(しじょう)篇》

ビーズログ文庫既刊

  • 少年ユヅルの優雅で怠惰な王国
  • 神抱く凪の姫シリーズ(全3冊)
    キレ神様、お目覚めにございます/耐えてください、キレ神様/誓いの刻です、キレ神様
  • 姫さま、恋愛禁止です!シリーズ(全2冊)
    花婿はお馬の王子/旦那さまと呪いのウサ耳
  • 女神の娘の恋歌(こいうた)シリーズ(全3冊)
    暁は伯爵、黄昏は魔王/光の乙女、闇の聖女/一瞬の光、永遠の輝き

幻狼ファンタジアノベルス既刊

  • 半魂香―まどろみの巫女と〈守護者〉―〈上〉〈下〉