お仕事情報

  • 3/20発売
  • 集英社オレンジ文庫
    今日から「夫」と言われても~NDY企画 任侠事件簿~
  • 新釈 グリム童話 ※アンソロジーです
  • 発売中
  • コバルト文庫
    夜来香恋結店(イエライシャンこいむすびてん)
  • 集英社文庫
    ザ・藤川家族カンパニー3 漂流のうた

Imformation

  • 響野夏菜のそのひぐらし へようこそ^^
    * 当ブログは響野夏菜管理のブログです。
  • * コメントは承認制ではありません、お気軽にどうぞ~。 当方の余力その他により、本文欄でコメント返しあるいは内容に触れることもありますが、ないときもあります。あくまでも、こちらの余力いかんなので、気にしないで下さいませ。
  • * 質問もコメント欄、あるいはメールで受け付けますが、原則作品に関することのみ、そして答えられることであれば本文上で回答いたします。メールでお問い合わせいただいても、メールでのお返事は差し上げておりませんのでご了承ください。
  • * 当ブログの内容を、許可なく二次加工・利用・第三者への配布をすることはご遠慮ください。
  • * 不適当と思われるコメントは、投稿者の承諾なしに削除させていただくことがあります。 また、混乱を避けるため、コメント欄を一時的に閉鎖させていただく場合もございます。ご了承ください。

最近のコメント

無料ブログはココログ

キューピー3分クッキング

« ありがとうございました | トップページ | お勝手じゃありません »

いまから20年前のいまごろ

コバルト編集部から、こんな手紙が来ました。
Oshirase1991
応募作の、最終選考にのこりましたという通知です。

学校(だったと思うけれど)から帰ると、自宅にコレが届いてました。
小説を投稿しているのを知っていた、興味津々の親を追い払い、
あけた瞬間、たぶん血圧が、瞬間的に200とか超えていたと思います。

コバルトには5年ほど投稿していて、その間の成績は3年ほどずううっと予選落ち→1次通過→2次通過→3次通るかと思いきや予選落ち、のあとだったので、
あまりのことに気が遠くなりかけました。

最終選考、通ったらデビューしちゃうんだよ?
うわあああ、どうしようどうしよう! 嬉しいけれどどうしよう!! みたいな気持ちで。

反面、落ちたらつらいな、「あと一歩だったのに」って立ち直れないかもと不安の局地に陥り、
やたらめったら願掛けをしたのも覚えています。

犬の散歩、毎日きちんといったら(当番をさぼりがちだった)受賞できる、とか。
ありがちに無意味なきまりごと作ったり。

最終選考発表までの記憶といえば、ただひたすら右往左往していたことだけです。

そして選考結果の電話に対するわたしの第一声は「うそっっ!!!」でした。
「おめでとうございます、大賞に決まりましたよ」という編集さんに答えて、それです。

コドモだなぁ。振り返ると赤面しますよ。まず「ありがとうございます」でしょう、あーた。

しかも、思いっきりまいあがってしまい、わたしはこの電話で言われた「受賞の言葉」の文字数を、指定の倍と勘違いして、思いきり長文のそれを、嬉々としてへんしうぶに送りつけたのでした。

小娘に耳元で大絶叫されたうえに、むちゃくちゃな文字数のコメント送られた編集さんは、さぞ迷惑だったろうと思います。(もちろん、コメントは平謝りの上、再送)
ご縁があり、その方が初代担当さんになってくれたのですがねー。

手紙によると、選考日は10/8だったのですね。
手紙が届いたのは、消印によると9/18です。

記憶だと20年前のちょうど今頃、通知が来たと思っていたんですが、1月早かったみたいです。

当時の手帳によると(人生の1大イベントだったので、さすがにこの年度の手帳はとってある)、
10月下旬は、はじめて編集部におじゃまし、担当さんがつき、
そのころは受賞後第1作という、30枚の短編を載せてくれるシステムだったので、
それを書くためにネタ帳をひっくり返していたようです。

その短編は11/6に脱稿し、翌週OKもらったみたいですね。
初〆切が嬉しかったみたいで、そんなことまで書いてありました(笑)

そうそう、あのころは締め切りさえも新鮮でしたよ。よーよーよー、と遠い目。

Dvc00034
受賞したときの名札。
こんなものまで、大事に大事にとってあります。
だけど、賞状がみつからないのさ。筒に入って、どこかにしまわれてるんだろうけど、
どこなんだろう・・・。

あれから20年かと思うと、大変感慨深いです。

応援してくださる皆様には、言葉にできぬほどの、深い深い感謝を。
いつの時代も、読んでくれる「あなた」がいてくださるから、ここまで書き続けてこられました。

そして20年たっても、精進の日々です。まじで。
壁ってゼンゼン低くならなくて、むしろ高くなる一方です。

ですが、こらからも毎作、ベストを尽くしてゆきます。

ところで、雑誌などで「デビュー20周年」とうたわれてますが、
実際は、いま受賞から20年で、デビューは翌8月なので、じつはフライングです。

なのですが、それはへんしうぶ都合なのでおいておいて。

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

« ありがとうございました | トップページ | お勝手じゃありません »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

本日も晴天なり?

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

集英社文庫既刊

  • ザ・藤川家族カンパニー
    あなたのご遺言、代行いたします/ブラック婆さんの涙/漂流のうた

集英社オレンジ文庫既刊

  • 新釈 グリム童話
  • NDY企画 任侠事件簿
    今日から「姐」と言われても/今日から「夫」と言われても

Cobalt文庫既刊

  • 夜来香恋結店
  • 東京S黄尾探偵団 夏休みだヨ、全員集合!
    (コバルト文庫「書き下ろしアンソロジー① 龍と指輪と探偵団」に収録)
  • 薔薇の純情
    背徳の黒き貴公子
  • 鳥籠の王女と教育係シリーズ(全12冊)
    婚約者からの贈りもの/魔王の花嫁/永遠の恋人/姫将軍の求婚者/さよなら魔法使い/嵐を呼ぶ王子/恵みの環の魔王/魔法使いの選択/〈国守り〉の娘/夢で逢えたら/魔王の遺産/恵みの環の花嫁
  • 今夜きみを奪いに参上!シリーズ(4冊)
    紅(あか)の宝玉/忘れられた楽園/翼のない王/千人王の恋人
  • ダナーク魔法村はしあわせ日和シリーズ
    都から来た警察署長/ひみつの魔女集会/ドラゴンが出たぞ!/いとしのマリエラ/ただしい幻獣の飼い方
  • ガイユの書シリーズ(全4冊)
    薔薇の灰に祈りを/薔薇の灰に恋(こ)がれ/薔薇の灰は雪に/薔薇の灰は闇に
  • 東京S黄尾探偵団シリーズ(全28冊)
    少女たちは十字架を背負う/ 青の封印/ Kの処刑場/五月、拉致られる/さらば愛しき女(ひと)よ/羊たちの祭壇/竹林(ちくりん)温泉殺人事件/時計台の首縊り(くびくくり)の鐘/魔都に鳴く龍/ 君にささげる花束/ Sの葬列/俺たちは天使じゃない/ローマの厄日(やくじつ)/宝島へようこそ/シンギング・バード/奥様は魔女!?(マンガ版)/保健室とマシンガンv/ 嵐の歌を聴け/その女、凶暴につき/八月の雨/Uの烙印/もっとも危険なゲーム/バカップルがいっぱい/雨の海に眠れ/S黄尾、解散!?/ 史上最大の作戦(前編・後編)/奥様は魔女!? リターンズ
  • 振り返れば先生(ヤツ)がいるシリーズ(全2冊)
    振り返れば先生がいる/振り返れば先生がいる2ndシーズン
  • 王子様にキスを
  • 人は影のみた夢シリーズ(全4冊)
    人は影のみた夢①~④
  • 華(はな)は藤夜叉シリーズ(全2冊)
    華は藤夜叉/PURE GOLD
  • アル-ナグクルーンの刻印シリーズ(5冊)
    クィンティーザの隻翼(かたはね)/エズモーゼの左手/星は踊る/ 月を狩る森/砕けた紋章
  • この雪に願えるならば
  • 雨の音洲(あめのおとしま)秘聞シリーズ(全3冊)
    闇燈籠(やみどうろう)心中 桜の章、吹雪の章/ 朧月鬼夜(おぼろづきよ)抄
  • 月虹(げっこう)のラーナ
  • 羽硝子(ハネガラス)の森
  • 睡蓮の記憶
  • カウス=ルー大陸史・空の牙シリーズ(全17冊)
    誘いの刻(とき)/太陽のエセラ/ 祭りの灯(ひ)/嵐が姫《幽幻(ゆうげん)篇》《風雷篇》/忘我の焔/今日命(きょうめい)の螺旋/かさねの鉢植/女神の輪郭(前編・後編)/影朧(かげろう)の庭/聖女の卵/夢眩(むげん)の鏡/華烙(からく)の群れ/蘭の血脈《天青(てんじょう)篇》《地猩(ちじょう)篇》《紫浄(しじょう)篇》

ビーズログ文庫既刊

  • 少年ユヅルの優雅で怠惰な王国
  • 神抱く凪の姫シリーズ(全3冊)
    キレ神様、お目覚めにございます/耐えてください、キレ神様/誓いの刻です、キレ神様
  • 姫さま、恋愛禁止です!シリーズ(全2冊)
    花婿はお馬の王子/旦那さまと呪いのウサ耳
  • 女神の娘の恋歌(こいうた)シリーズ(全3冊)
    暁は伯爵、黄昏は魔王/光の乙女、闇の聖女/一瞬の光、永遠の輝き

幻狼ファンタジアノベルス既刊

  • 半魂香―まどろみの巫女と〈守護者〉―〈上〉〈下〉