お仕事情報

  • 3/20発売
  • 集英社オレンジ文庫
    今日から「夫」と言われても~NDY企画 任侠事件簿~
  • 新釈 グリム童話 ※アンソロジーです
  • 発売中
  • コバルト文庫
    夜来香恋結店(イエライシャンこいむすびてん)
  • 集英社文庫
    ザ・藤川家族カンパニー3 漂流のうた

Imformation

  • 響野夏菜のそのひぐらし へようこそ^^
    * 当ブログは響野夏菜管理のブログです。
  • * コメントは承認制ではありません、お気軽にどうぞ~。 当方の余力その他により、本文欄でコメント返しあるいは内容に触れることもありますが、ないときもあります。あくまでも、こちらの余力いかんなので、気にしないで下さいませ。
  • * 質問もコメント欄、あるいはメールで受け付けますが、原則作品に関することのみ、そして答えられることであれば本文上で回答いたします。メールでお問い合わせいただいても、メールでのお返事は差し上げておりませんのでご了承ください。
  • * 当ブログの内容を、許可なく二次加工・利用・第三者への配布をすることはご遠慮ください。
  • * 不適当と思われるコメントは、投稿者の承諾なしに削除させていただくことがあります。 また、混乱を避けるため、コメント欄を一時的に閉鎖させていただく場合もございます。ご了承ください。

最近のコメント

無料ブログはココログ

キューピー3分クッキング

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

【ウーロン姫】9巻書影です!

Torikago9
前巻に引き続き、殿下もちゃっかり仲間入りです。
前巻に引き続き薔薇表紙なのは、作者希望です。
一応、内容ともリンクしておりますが。

ハラマキの下には、もちろん例のヤツが。
しかし9巻も続くと、モチーフアイテムを探していただくのにも一苦労だったりします。
(カスカベさん、いつもありがとうございます~)

今回のモチーフは××(どうせよそで書影見れるんだけどね、一応ね)
ワタクシの家族は、これ触るのイヤとのたまいました。まあ、そうかもですねー。

てなカンジで、明日発売ですなっ。

どうぞよろしくお願いいたします~。

【ウーロン姫】今だから言えること「魔法使いの選択」篇

すんません、わたしまだ22日くらいのキモチでいました・・・。

んが、はっと気づくともう29日ですとな! 明日には、フラゲができる方は出来ちまうじゃねえですか~!

というわけで、大至急、裏話「今だから言えること」 ウーロン姫さま8篇でございます。

あ、今回からタイトルに【作品名】入れてみました。とくにいまは2作品の情報が入り乱れとりますので、なんかわかりやすいかと思って。

さて。本題ですが。
ウーロン姫さま8「魔法使いの選択」は、珍しくお馬鹿さんトピックスがありませんでした!
作者としてはやっほぅ、なんですが、これ読んで下さる方には面白くないかと、、、ゴメンナサイ。

だけどね、執筆時とこれ書くのにタイムラグがあるので、わたしおバカエピソードをメモしたりしてるんですが、それがないの。

さらにいえば、作品別ファイルの中にも、1枚だけしかアイデアメモのようなものがなくて。。。

Img015

みづらいかもしれませんが、プロットに取りかかる前に作る「章割りメモ(みたいなやつ)」公開です。

PCでご覧の方は拡大できるかしら。よく見ると、サブタイが「魔法使いの決意」となっております。(たぶん担当のものいいがついて変更したんだわさ。なんせ、日付が示すとおり昨年10月のことなので、記憶があいまい)。

そんで、よぉぉーく見ると、エピローグが違ってます。ピクニック? そんな予定があったんですね(ちょうヒトゴトだ)。結局行きませんでしたけれど。

そしてなにやら計算してあるのは、ページ数。あたしこの程度でも、筆算しないと計算できません(泣)

貼っ付けてあるカエルはシールではなく、「レインフォレスト・アライアンス」という熱帯雨林保護活動をする団体のマークです。

といっても、アタクシは運動にはなんら関係なく、「カエルちゃんだv」ということで、勝手に切って貼ってるだけなんですがね~。団体はそれが狙いとか(ちがうだろう)。

ちなみに、マック(マクド)で紅茶をオーダーすると、ティーバッグの袋に印刷されてます。まだうちにゴロゴロしてます(マックいきすぎだし)。

JRなら、新幹線などの車内販売のコーヒー買うとついてます。カップにね。わたしはそれが楽しみで毎度コーヒー買ってます(笑)

そういやこの巻から、ダナークに縁の深い魔女ガブリエラさんが登場しました。作中で話が出てくるので、彼女からセルビエラまで続く家系図が、資料としてじつは存在します。
ネタがらみなので、非公開ですが、相変わらずの系図趣味全開で、私的に失笑。

ついでに(いまさらながら)宣伝しますと、雑誌7月号「甘い生活」のヒロインは、このガブリエラさんでした。彼女の若かりし頃、およそ63年前のお話となっております。

てなところでしょうかね、ウーロン姫さま8の裏話。

次記事は新刊の書影になるかと。いやもう、どこかのサイトで見れるでしょうが・・・(笑)

初めて走ってるSLを見たよ

先週末にね、群馬県高崎市に行ってました。

で、初めてSLみました!
もちろん、今までにも公園で置物化しているやつとか、
新橋駅の広場のアレとか見てますけど。

走ってるのは初めて。
ひゃああ、かっこよかった~!
すっごい水蒸気と煙。
そして傍にいると、ほんのり熱が・・・。
石炭たいているんだから当然ですが、あったかいことに感動しました。

ホームに入りきらないほどお客さん来るのじゃあと危ぶんでましたが、そんなこともなく、
アレコレ写真撮ったり、それなりにゆっくり、客車を窓越しに覗いたりできました。

そして働く機関士さん(名称違うかもしれないけど、おゆるしをば)たちの
めっちゃかっこよかったこと~!!
イケメンそろえましたか、JRぐんま(いえそういうのはありません)

駅撮り(というんだそうね)したあとは、SLを終点駅まで車でおっかけました。
とちゅうのポイントで撮った写真がこちら。

C61

残念ながら同行者撮です。
というか、わたしは「ゼッタイ無理だから」といわれたトイカメラ撮影を強行して、玉砕してました(笑)
まあ、それらしいのは撮れたのだけども、ちとピントがね・・・。

びし、とピントがあったのはこんな1枚でした。
Sukima
すきま(笑) 

高崎駅ではだるま弁当とキティだるま弁当と白だるま弁当と
SL弁当2種を購入。
いったい何人で行ったんだ! とつっこみたくなる数・・・。

白だるまというのは、正しくは「復古だるま弁当」といって、
陶器の器に入った、昔のお弁当の復刻版です。

Dvc00029
でもお店で「白だるまください」で通じましたけど(笑)

SL弁当は芸が細かくて、
箸袋がプレートになっていたり、
おかずのレンコンを黒てんぷらにして、車輪に見立てたりと凝ってました。

水上駅でターンテーブル見た後、高崎まで戻ってさらに横川へ。
ここで「峠の釜飯」も買ったら笑えたんですが・・・さすがにあきらめました。

横川まで行っちゃうと勢いがついちゃって、
「ええい行ってしまえ」と碓氷峠越えをして軽井沢へ。

懐かしかったです。何年ぶりだろう。
「アル-ナグクルーン」書いてた頃、友人の別荘に泊まって一人自主カンヅメしたのを懐かしく思い出しました。

その当時から好きだった「腸詰屋」さんでサラミとソーセージを買いました。
「どこからきたのか」とお店の方にきかれ、相方が軽井沢にいたる全ルートを説明して、失笑されてました。

まあね。高崎にきたついでに軽井沢に行くって(しかも水上から引き返してきてだ)、感覚として変ですもん。
S県北部出身のわたしだって、その距離ありえないゼと思うもの。

「大阪に遊びに来たついでに琵琶湖までドライブした」とか言ったみたいなイメージじゃないかしら。

琵琶湖といえば、数年前、やむなき事情で、車でほぼ1周したことがあります・・・。
ありゃ、やるもんじゃないスね。途中でやめたくても、引き返せない。
なんど「水陸両用車なら!」と思ったことか。
真ん中を突っ切れりゃあ、楽なのにね・・・。

などというのはおいておいて。

楽しかったです、SL。
今度は乗ってみたいのですが、そしてまだSLが走るイベントはあるのですが、
難はチケットが瞬殺ソールドアウトになること。

だけどがんばってみようかな。
押絵と旅できなかったからね(まだ言ってる)。
せめて汽車に乗って気分くらいはね~。

さ。次記事くらいで「今だから言えること・ウーロン姫さま8篇」をやりますね。

1敗

110614_135408_ed

そうなの。
某流血グマとは、ピンクのあいつです。
わたしあれがすごく好きで、色々もってます。

作者さんのブログ拝見してて、
新作がインフォされるたび悶々とします。

今年はバルーントートバックで、迷いに迷いました。
超人化期間だったので、結局買いにいけませんでしたが。
まだどこかで売ってるかなぁ・・・。

その昔、大阪に路面店あったときには、
新幹線に飛び乗って手帳買いに行ったりしたものです。たっかい手帳。

てのはおいといて。そうなの。

じつはすでに、本年の戦いは1敗を記録してます。

忘れもしない6月4日。ムシの日に、
わたくし初負けいたしました。

ゼッタイ、Mがいる場所に行くことになったので、
対M武装をしていったのだけれど、
想定をこえる運動をすることになり、滝のような汗をかき、
M回避シールドの効果が、汗とともに流れ落ちてしまったのでした。

ほかに4人もご一緒した方々がいたというのに、
またもや、アタクシだけぶっっすり。crying
根性はいった山育ちのヤブ蚊だったため、ハンパなくつらい思いをしました。

はー。持ってたんだよ、追加シールド。
(ふつうにわかる言葉でいうと、携帯用虫除けスプレー)

ナゼ使わなんだ、わたし。
毎度それでやられとるのに、ホント学習しないわぁ。
まあ、このときは超絶靴擦れも起こしていて、そっちに気をとられて頭が働かなかったんだけどもね。。。

ところで、写真は金平糖でできたあじさいです。
見ためのかわいさと3コで千円(じつはも1コあるのよ)という商法に、
まんまとつられて買ってきましたとさ(笑)

ふーん

ふーん
地デジカ。
ガチャでとりました。
ガチャ、たまにもえます。こないだは某流血グマGに、少々お金つぎこみました(笑)

このポーズ「ふーん」というそう。
ホントは「マーキング」がほしかったんだけども
(って、このポーズで座ってるだけだけどさ)

どうでもいい話ですが、今月とるはずだった大型連休の予定は潰えました…。
押絵と旅するはずが…あああ。

事前だけどタイミングの遅い告知、その2

事前だけどタイミングの遅い告知、その2
というわけで「なにをいまさら」第2弾です。

7/15日にビーズログ文庫さんにて

「姫さま、恋愛禁止です!〜花婿はお馬の王子〜」

が刊行されます!!

なんか2年くらい前に「同月に2冊刊行なんて、今後ないだろう」的なコト書きましたが、ばっちりありました。すいません(笑)

あらすじはすでにエンターブレインさんHPの書籍検索で見られる模様です。
でもどうやってそのページへ辿り着けばよいかわかってません、ごめんなさいまし。

おそらく、過去最高にイチャ愛度の高いお話かと思われます。響野さん頭打ちましたか、みたいな。
おう、打ったともさ(笑)

イラストは旭炬さまです。
これね、もンのすごい早い時期にキャララフをいただけて、それが作品に200%くらいプラス補正として働いてます(ありがとうございました〜!)。アタクシ、旭炬さまのお住まいの方角に足向けて寝られないです。
ミニキャラなども起こしていただいていて、もうそれがかわいいのですよ。とくに×××が!(フライングになると困るので伏せ字)あたしこれ、個人的にグッズほしいです。

ミニキャラはうちのブログにアップ許可いただいていてますので、時期になったらお披露目いたします〜。

こちら、新作ということで水面下でなにやら動いてることもあるので、続情報をお待ちくださいませ。

しかし、わたし、今年エラい本出ますね(笑)
響野夏菜で名前買いしてくださっているありがたい皆様には、お金がかかって申し訳ありませんが、この子もかわいい新顔ですので、
どうぞよろしくお願いします〜。

事前だけどタイミングの遅い告知、その1

先々週超人化していたせいで、いまだ頭がはっきりしない・・・。
ただいま、小ボケをあちこちで連発してます。

武道館行きそうになったりね、写真撮りに行ったのにカメラ忘れたりね。
これでも注意しているつもりなんだけれど、ううう。
取り返しのつかない大ボケをかまさないよう願ってます。
特に仕事で。というか、回収できるレベルでのポカにはさっき気づいた・・・down
担当さんにゴメンなさいメールしました。がっくり。

さて。気持ちを切り替えまして、タイミングの遅い告知その1でございます。

なにをいまさらというカンジですが、

7/1にウーロン姫さまシリーズ最新刊

「鳥籠の王女と教育係 <国守り>の娘」

が発売となります。

ああっ、もう半月くらいしかないのか。
月内に「今だから言えること」をやらねば。
どうせ、いつものおバカ話なんですけども。

書影等、順次挙げていきますので、も少しお待ちくださいませ~。

行ってきちゃったv

行ってきちゃったv
氷室京介のチャリティライブ。
友人が高倍率のチケ争奪戦を勝ち抜いてくれまして、
観ることができましたV

あっちゅーまの2時間でございました。
アンコール後、後ろの席の方が「終わっちゃうんだ…」とつぶやいてましたが、まさにそんなカンジ。

いっとう好きな曲もやってもらえて、幸せでございました。

今回のコンサートは震災のチャリティということでした。楽しませていただいたぶんが、被災地の方々にチカラとして届きますように。

そしてセトリを期待されてる方がいたら、ごめんなさい。他を当たってくださいましな。
20数曲なんて覚えられませんてば。
(でも友人は書けるんだ、これが。彼女はニュータイ○なんだと思う…w)

そして会場はドームだったのですが、勘違いしてて、危うく武道館に行くところだったのはここだけの話 ^^;
前科者ですからね、アタクシ。遅刻して迷惑かけなくてよかった〜。

赤ペン忘れた後日談

今朝荷物の入れ替えしてたら、鞄の底から転がりでてきた赤ペン…。
つまり、あたしゃ昨日ペン持ってたわけで…。
やり場のない怒りがわいてる次第ですゎ

今日はゲラ出しに編集部へ。
降りる駅どこだかビミョーに自信ないんですけども(調べて動けや)、まっ大丈夫でしょう。
てなわけで、行ってきまーす!

赤ペン忘れて外作業

赤ペン忘れて外作業
オマエはなにか、コーヒー飲みに来ただけかと、
自分にツッコミたくなる瞬間。
またしても赤ペンを買いに走ることになりましたとさ。
こうやって、家に赤ペンが溜まってゆくんだ…。

事後報告インフォ、その2

おはようございます。インフォその2です。

6/1に雑誌Cobalt7月号が発売になりました

Coba201107
雑誌のサイズ&発売月が変わってだいぶ経ちますが、
いまだにわたしは○月号と書くとき、一瞬つまります。

以前は奇数月発売偶数月号だったので、
いまとちょうど逆なのです。
だもんだから、締め切りがいつだかも
ぴんと来なかったりします。

っていうのは言い訳ですが。
7月号には新作180枚読みきりが掲載されました。

「甘い生活」

なにやらかわいらしいタイトルのこの話に、
わたしは「辛い生活」を強いられました。
なにがどうつらかったかは、くわしくは語るまい・・・。

そしてまんが版「鳥籠~」の後編も掲載されました。
カスカベさん、ありがとうございました&お疲れ様でした。
毎回、わたしは1読者として大笑いしておりました。
しかし、これほど大量の緑色(緑じゃないやつもいましたが)が登場した少女漫画って
ないんだろうなぁ(笑)

こちらの「今だから言えること」ネタを明かしますと、
この話は当初、わたしが書く短編の予定でした。
諸事情により、まんが原案となったのだけれども、
ってこれ、書きました? いかん。最近脳細胞働き悪いんで。
重複してたらおゆるしをば。

で、そのためにわたしと担当氏は打ち合わせの機会を持ったのですが、
銀座のカフェで担当氏持参の図鑑をみて大喜びだったわたしたちは、かなり妙な客だったんじゃないかと思います。
夜8~9時くらいの銀座だったせいか、周りはホスト系のお兄様たちが埋め尽くし、
同伴の約束電話(かよくわかんないけど、営業してましたわ)をしているなか、
うちのテーブルだけ、Z師が緑色だったら(いやあの人は黒かったんだけども)なにガエルかを嬉々として決めてたわけですから。

ちなみに、そのときZ師はトノサマ系を想定してました。オレサマだからじゃありません(笑)
資料見れば正確な種名もわかるんですが、その資料がないないない。
~~行方不明資料、さがすの大変なんですよねdown
なにせ大量の資料があるもんで、いったん分類し忘れるともう絶対出てこない。
というか、そのための大捜索をしたくない・・・。
じつはもう一点、別件の資料が書庫で遭難しているんですが。
探したくないなぁ。でも探さないと、今じゃないけど後で確実に困る・・・。

いいや、一人になってから悶々とします。

それから、今号では「作家の壷」にも呼んでいただき、
香水作りにチャレンジしてまいりました。
先月の記事にあった写真は、その成果というかやや苦い思い出?
だって、ぜんぜんイメージどおりにいかないんですもん。
個人的には「よしよし」と思った配合でも、
先生に確認していただくと「香りの方向が分裂してる」と
言われてしまったり・・・。

そしてわたくし凝り性なので、1滴香料を入れたらノートに書いて、瓶振って、におい嗅いでチェックする、
この世で1番ねちねちした行為にはまってしまい、
想定していた取材時間を大幅に上回ってしまいました。

みなさん、たいてい1時間くらいで飽きるんだそうです。
わたしそれをひたすら4時間もやっていたので、
先生も最後には「はやくかえれー」と思われていたと思います。

雑誌で紹介されたレシピのかっちょいいフランス語名は、
このコーナーを担当された編集さんにつけていただきました。
少しくらいお手伝いしたかったのですが、
わたしは冠詞のとこでつまずいたので、全部お願いしてしまった(笑)

そうそう。
コメントのほうで、短編&まんが版についてのご質問がありましたが、
まとまるものもあり、まとまらないものもあり、といったかんじになります。
といった答えで、あとは行間でお願いいたします。ゴメンナサイ。

インフォ2、そんなところでしょうか。

あとは事後じゃないけど、タイミング的に遅いインフォですね。
それも順次、アップして参ります~。

事後報告インフォ、その1

すんません、超絶疲れてます・・・。

ちょっとスーパーサイ○人化してました、先月末。
でも救っていたのは、地球の危機ではなく
おのれの危機ですけど。

で、危機を脱した勢いでテンションMAXになったまま
遊びに行ってしまったので、
当社比3倍ほどはしゃぎすぎました。すっごく楽しかったけどv

だもんで、返さなければならないメール、郵便物、
急を要する仕事などが、テンコでたまってます。
心当たりおありのかたがた(複数かよ)、すみません。
今日あたりから徐々に再動しますので~。

と半業務連絡はそのくらいにして、
事後報告インフォのその1です。

5/31に
「半魂香」の下巻が発売されました

さっ。お手持ちの皆様、上巻とくっつけて一枚絵にしておくんなまし!
もうほんと、どれだけこれがやりたかったか。

さてさて、そして。
こちらは上下巻で完結なので、この場で「今だから言えること」を。

この「半魂香」の世界観は、じつは、
コバルト・ノベル大賞の受賞後第一作で書いた「ダードリア」というお話の世界観が根底にあります。
といっても世界設定をそのまま流用したわけではなく、
10代だった(・・・)わたしの作ったあの世界観の雰囲気を残しつつ、
アラフォーというかジャストフォーなお年頃のわたしが、
あらたに作り直した世界なのですが。
だもんで、当時をご存知の方にだけ「!」と思ってもらえるかな、
という一文が、下巻に挿入されてます。
見逃すほど、ごくごくさりげなくですが。

恒例のおバカ話としては、(この先ややネタバレるのでご注意をば)

わたしはあやうくヤハン先生を凍死させるところでした(笑)
プロットを作っているとき、彼らの住んでいる場所の気候が、
北海道よりも緯度が高いことを失念しておりまして、
真冬に一晩中、戸外で立たせてたのです。どんな拷問。

そしてうちのワープロソフトは
サシャがヤハンに対していったセリフ
「おまえの選択なら、きちんと受け止める」を

「おまえの洗濯なら、きちんと受け止める」

と変換してくださり、
アタクシの手を、しばし止めてくださいました。
反射的に、洗濯=洗濯もの=先生のおパンツ。
と考えたわたしの脳内変換が壊れてるだけですがね(笑)

あと、わたしは一太○とワー○を併用しているのですが、
Wのほうは最後までかたくなに「夜半」と変換し続けました。
サシャのほうは観念したみたいだったんですけどね。
なまじ日本語にある単語だったせいなのかしら

そういや、2月ごろ暦がどうとか言ってたのは、このお話です。
ってあれ、これ書きましたっけ?
読んでいただくと、どこにもそれに関する文章がないので
アホなんだけど。
設定オタクなので、読者さんが読むとき邪魔にならなければいいやと
(つまり作っても出さないことになるわけですが)
最近開き直りました。
でもかいちゃうと、この世界の暦は
78年で一周します。79年目が、1年目と同じ星回りになるの。
で、156年に1度だけまわってくる特別な年があって、
1年は12ヶ月じゃなかったりもします。
というのは、ここだけの話です。
頭を悩ませずに
楽しんでいただきたいので、この辺でやめておきます(笑)

毎回、「今だから~」は長文でごめんなさい。

明日は事後報告その2です。

衣がえには寒いみたい

衣がえには寒いみたい
おはようございます。
6月になったので、インフォとかいろいろあるのですが、後回しです。ごめんなさい。

愛用している占いの、本日のアドバイスは、「大風呂敷を広げない」でした。
こんなとき、小説のクライマックスを書いてる作家はどうすればよいのざんしょう…。
しかもシリーズものって、次巻に引くよね? 風呂敷広げるところもあるよね。

などとブログに書くていどには修羅沼で溺れかかってます。
は。もしかして担当に「もう終わるんで」とかいうなってこと?
そうかーそれなら出来るよ(笑)

ええと。もろもろインフォは来週以降順次行いますんで。
今朝はこれにてドロン。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

本日も晴天なり?

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

集英社文庫既刊

  • ザ・藤川家族カンパニー
    あなたのご遺言、代行いたします/ブラック婆さんの涙/漂流のうた

集英社オレンジ文庫既刊

  • 新釈 グリム童話
  • NDY企画 任侠事件簿
    今日から「姐」と言われても/今日から「夫」と言われても

Cobalt文庫既刊

  • 夜来香恋結店
  • 東京S黄尾探偵団 夏休みだヨ、全員集合!
    (コバルト文庫「書き下ろしアンソロジー① 龍と指輪と探偵団」に収録)
  • 薔薇の純情
    背徳の黒き貴公子
  • 鳥籠の王女と教育係シリーズ(全12冊)
    婚約者からの贈りもの/魔王の花嫁/永遠の恋人/姫将軍の求婚者/さよなら魔法使い/嵐を呼ぶ王子/恵みの環の魔王/魔法使いの選択/〈国守り〉の娘/夢で逢えたら/魔王の遺産/恵みの環の花嫁
  • 今夜きみを奪いに参上!シリーズ(4冊)
    紅(あか)の宝玉/忘れられた楽園/翼のない王/千人王の恋人
  • ダナーク魔法村はしあわせ日和シリーズ
    都から来た警察署長/ひみつの魔女集会/ドラゴンが出たぞ!/いとしのマリエラ/ただしい幻獣の飼い方
  • ガイユの書シリーズ(全4冊)
    薔薇の灰に祈りを/薔薇の灰に恋(こ)がれ/薔薇の灰は雪に/薔薇の灰は闇に
  • 東京S黄尾探偵団シリーズ(全28冊)
    少女たちは十字架を背負う/ 青の封印/ Kの処刑場/五月、拉致られる/さらば愛しき女(ひと)よ/羊たちの祭壇/竹林(ちくりん)温泉殺人事件/時計台の首縊り(くびくくり)の鐘/魔都に鳴く龍/ 君にささげる花束/ Sの葬列/俺たちは天使じゃない/ローマの厄日(やくじつ)/宝島へようこそ/シンギング・バード/奥様は魔女!?(マンガ版)/保健室とマシンガンv/ 嵐の歌を聴け/その女、凶暴につき/八月の雨/Uの烙印/もっとも危険なゲーム/バカップルがいっぱい/雨の海に眠れ/S黄尾、解散!?/ 史上最大の作戦(前編・後編)/奥様は魔女!? リターンズ
  • 振り返れば先生(ヤツ)がいるシリーズ(全2冊)
    振り返れば先生がいる/振り返れば先生がいる2ndシーズン
  • 王子様にキスを
  • 人は影のみた夢シリーズ(全4冊)
    人は影のみた夢①~④
  • 華(はな)は藤夜叉シリーズ(全2冊)
    華は藤夜叉/PURE GOLD
  • アル-ナグクルーンの刻印シリーズ(5冊)
    クィンティーザの隻翼(かたはね)/エズモーゼの左手/星は踊る/ 月を狩る森/砕けた紋章
  • この雪に願えるならば
  • 雨の音洲(あめのおとしま)秘聞シリーズ(全3冊)
    闇燈籠(やみどうろう)心中 桜の章、吹雪の章/ 朧月鬼夜(おぼろづきよ)抄
  • 月虹(げっこう)のラーナ
  • 羽硝子(ハネガラス)の森
  • 睡蓮の記憶
  • カウス=ルー大陸史・空の牙シリーズ(全17冊)
    誘いの刻(とき)/太陽のエセラ/ 祭りの灯(ひ)/嵐が姫《幽幻(ゆうげん)篇》《風雷篇》/忘我の焔/今日命(きょうめい)の螺旋/かさねの鉢植/女神の輪郭(前編・後編)/影朧(かげろう)の庭/聖女の卵/夢眩(むげん)の鏡/華烙(からく)の群れ/蘭の血脈《天青(てんじょう)篇》《地猩(ちじょう)篇》《紫浄(しじょう)篇》

ビーズログ文庫既刊

  • 少年ユヅルの優雅で怠惰な王国
  • 神抱く凪の姫シリーズ(全3冊)
    キレ神様、お目覚めにございます/耐えてください、キレ神様/誓いの刻です、キレ神様
  • 姫さま、恋愛禁止です!シリーズ(全2冊)
    花婿はお馬の王子/旦那さまと呪いのウサ耳
  • 女神の娘の恋歌(こいうた)シリーズ(全3冊)
    暁は伯爵、黄昏は魔王/光の乙女、闇の聖女/一瞬の光、永遠の輝き

幻狼ファンタジアノベルス既刊

  • 半魂香―まどろみの巫女と〈守護者〉―〈上〉〈下〉