お仕事情報

  • 3/20発売
  • 集英社オレンジ文庫
    今日から「夫」と言われても~NDY企画 任侠事件簿~
  • 新釈 グリム童話 ※アンソロジーです
  • 発売中
  • コバルト文庫
    夜来香恋結店(イエライシャンこいむすびてん)
  • 集英社文庫
    ザ・藤川家族カンパニー3 漂流のうた

Imformation

  • 響野夏菜のそのひぐらし へようこそ^^
    * 当ブログは響野夏菜管理のブログです。
  • * コメントは承認制ではありません、お気軽にどうぞ~。 当方の余力その他により、本文欄でコメント返しあるいは内容に触れることもありますが、ないときもあります。あくまでも、こちらの余力いかんなので、気にしないで下さいませ。
  • * 質問もコメント欄、あるいはメールで受け付けますが、原則作品に関することのみ、そして答えられることであれば本文上で回答いたします。メールでお問い合わせいただいても、メールでのお返事は差し上げておりませんのでご了承ください。
  • * 当ブログの内容を、許可なく二次加工・利用・第三者への配布をすることはご遠慮ください。
  • * 不適当と思われるコメントは、投稿者の承諾なしに削除させていただくことがあります。 また、混乱を避けるため、コメント欄を一時的に閉鎖させていただく場合もございます。ご了承ください。
無料ブログはココログ

キューピー3分クッキング

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

心を乱すのは、初恋のひと――

 アレルギー、検査に出ないこともあるなんてあなどれないんですね。コメントいただくまで「何でも好きなもん食べるぜ、いえー!」と思ってましたが、従来どおり相性の悪そうなものは避ける生活をします。教えてもらえてよかった。ありがとうございます。

 そしてこちらが本題。あさって4/1に「鳥籠の王女と教育係 魔王の花嫁」が発売となります。Birdcage2
記事タイトルは帯のコピーを流用させていただきました。
画像がまたハラマキつきなのは、前作と同じようにめくって楽しんでいただこうと思ってです。

もうカンの良い方には中身が「アレ」かと予想されてますが。えへっ。
そしてこの画像よくみるとゼル先生目が青いです。つまり怒っているわけですが。

まあそんな話かと(どんなだよ)。

よろしくお願いします。

 

アレルゲンはどこだ?

立て続けに2度、食べ物に当たりました。「あなたソレはみずぼうそう?」とお医者さんに言われちゃうほどでっかいぶつぶつが身体を占領。
ぶつぶつ自体は薬でひいたのですが、どうせだからとアレルゲン特定の血液検査を依頼。かねてから疑わしかった、卵、牛乳、青魚、たまねぎ、鮭、秋の花粉(ブタクサとか)をオーダー。さーあ何がひっかかるかなーと待つこと数日。
今まで、調子悪くなるのは時々だったので放りっぱなしでしたが(だいたい一年360日は何がなくともダルい体質だしさ)、アレルゲンが特定されれば生活が楽になる…

はずが、蓋をあけてみれば検査結果はシロ。まじですか。
主治医のおじーちゃん先生が力をこめていわく「なんっにも出ませんでした!!」
結果の紙いただきましたけど、きれーに、すべてが基準値以下だぁ。
だけどさ。じゃあラテ飲むと気持ち悪くなるとか(好きだけど)、鮭の押し寿司たべると発疹が出る(好きだけど)とかいう、あたしの体の反応は何さ。
花粉症でもなく、アトピー(これもうすうす疑われてた)でもありませんでした。どこもかしこも健康体。ぴかぴか。それはそれで喜ばしいんですが、じゃあこの腹のぶつぶつはなにゆえだ~!?

結局不調の理由はわかりませんでした。てことはこれからも、何かにあたるわけだねわたしゃ。つうか、心因性とか言ううわさもあるんですけど(身内の暴言)、それってどんな精神状態(笑)
もうこうなったら、すべてのアレルゲン項目を調べなきゃならないとか?

うおお、網羅するにはいくらかかるんだ~!?

つか、今日は東京マラソンでしたね。なにげに銀座に出てきたらこんなだ。
090322_130508_m

いちばん使う参考書

最近ファンタジー畑に戻ってきたので、お城とか西洋文化系の本が最活用かと思いきや、もちろんそれ系のもありますけど、じつは常に傍らにあるのがこれ。

Iroironairo_2

 「色々な色」という、文字どおり色についての本です。日本古来の色や自然、鉱物、植物などの色が幅広く紹介されていて、作中のカラーサンプルのように活用させてもらってます。
 中身の写真がきれいでさー。見ているだけでもかなり幸せになれる本です。
 お気に入りのページは緋色と、マラカイト。とくに「鳥籠~」では孔雀石はキーワードなので、よく眺めとります。

 ちなみにS黄尾時代によく見てたのは、宝石の本でした。2巻と最終巻以外ではメインアイテムになってないのを考えると不思議。

どっちがかわいそう?

軽く周回遅れなカンジですが、お雛様の話。
わたしは二人姉妹なので、実家にお雛様があります。
今年はばたばたしていて出せなかった、と母。
姉妹とも巣立ってるし、もう出さなくていんじゃないかとわたしは思いますが、
だけどそれじゃお雛様がかわいそうだからさ、と母。

しかしさ、出さないのと、

出してはもらえるけど、ひな壇は面倒だからという理由で省略され、緋毛氈(ひもうせん)だけ敷かれた上に並ばされるお雛様

って、どっちがかわいそうだ?

あたしゃ、零落ビナの方が哀れだと思うんですがね、ママン・・・。

スプリング、ハズ、カム。

スプリング、ハズ、カム
観てまいりました。これは劇場のディスプレイを撮ったもの。だからよぉく見ると、ケータイかまえたわたしがガラスに反射して映ってます(笑)

チケ争奪戦を何とか勝ち抜けたおかげで、東京で観れました。前回「HONOR」は札幌まで追っかける羽目になったので。しかも翌日が発砲「ジューゴ!」の大阪公演で、あたしゃ朝1発目の大阪行きに千歳から乗りましたよ。2時まで同好の志と呑んで、仮眠して、空港。タクシーの運転手さんに「出張ですか、大変ですね」とねぎらわれて「はい。これから大阪なんです」と大嘘ぶっこきました。遠征は遊びだよなー。

それはともかく、ファンには出だしから「きゃー!」な舞台でした。お約束のイイモン見せてもらいました。内容も、NACSってこうだよね、とウンウンうなずくカンジで。
しかし前後左右みんな泣いてました。前回もそうでしたが。すげー。
チケ1個しかとらなかったので、DVD出るのが楽しみです(出ると勝手に信じてる)。

島原・天草放浪記 完結篇

その3書いてからはや2ヶ月が経過・・・。もはやどーでもいい気がしますが、せめて自分の管理しているものくらいエンドマークをきちんとつけたいので(自虐)、その4・完結篇です。

コレジョ館でグーテンベルグ印刷機を堪能したわたくしは、レンタカーで一路南へ。なぜかというと、牛深という港から本土に渡るフェリーが出ているから。つか、何もそこまで行かずにも天草から本土へは実は橋が架かっているのですがねー。わたしがフェリーに車で乗ってみたかったのでした。そのために100キロ近く余計に運転することになっても、乗ってみたいものは乗ってみたいの(と自分に言ってた)。

途中、港まで走った海岸沿いは絶景でした。凪いで黒い海面に点在する島影が映ってね、島も逆光で影みたいに浮かんでいて。感動して写真とりまくったのに、やはし出来は平凡・・・。もう、脳のイメージを映写するような機械は出来ないものだろうか。

081203_141005_m とかなんとかいいながら、乗り込んだフェリーの券がこちら。きびきびしたお兄さんに誘導されて格納される車たち。皆さん常連のようで、わーいサンダーバード!(ちがうだろ) みたいに興奮していたのは多分わたしぐらいだろう(笑)

船旅はあっちゅうまに終わり、わたくし初めて鹿児島に上陸いたしました。これで足を踏み入れていない九州は宮崎だけか、まってろよ宮崎・・・。

鹿児島のイモ畑は土が赤かったです。いや、たまたまそこだけかもしれませんが、これがあのうまい焼酎になるのかと勝手に納得しつつ、阿久根とか出水あたりを北上。

あとはひたっすら、熊本市内を目指すのみ。車内はほとんど歌ってました。もともと歌う人なんだけど。ラジオに合わせてバービー歌ってたら、DJのおねーさんが「いまアラフォー世代の人はゼッタイ歌ってたと思います」とコメント。バレてるよ。

しかし楽しく歌えたのは市内直前まで。市内では最後の大仕事が待っていたのでした。
路面電車と並んで走る。
普段生息するあたりに路面電車のない者にとって、これは難関。岡山ではわたしはハンドル握らなかったのでスルーでしたが、今回は一人だ。それに今までの全人生で路面電車と並んで走ったのは、前回の岡山と数年前のミュンヘンのみ。←これも専任ナビ係だった。

笑われそうですが、必死に、ほんと必死に交通法規を思い出しました。黄色い矢印? それはダレのためのものだ!? とか。脳の奥底の倉庫から搾り出しましたよほんと。それでもさ、実際横に並ばれた瞬間の頭の中はこんなだ。

「ひいいいい! いやあああ! こっち来ないで~!」

来ないから落ち着きなさいわたし(笑)

無事レンタカーを返却したあと、安堵のあまりスタバで本日のコーヒー(V)を頼んでしまいました。レジの男の子に「ほんとにこんなに飲むんですか」と心配されましたが、飲むから頼むのよー。わたしはスタバが好きだ。タリーズも好きで、本当はシアトルズベストがベストなんですが←あんまりない。

この日の夕飯は熊本ラーメン。とんこつだけがラーメンというくらい、わたしは九州ラーメン(ひとくくりにすると叱られそうだが)が好きです。ある日突然思い立って、ラーメン食べるためだけに博多に飛んだこともあります(若さゆえの無駄遣い)。

てなところで、旅行は終了。本当は残り3日あったのだけど、急遽東京に戻ることになってしまったので。ま、それは別の話なので置いておいて。心残りは熊本城を一瞬しか見られなかったことでしょうか。図書館にも用があったんだけどね、それも果たせなかったなー。

近い将来リベンジを計画中です。ほんとはお花見にあわせたかったんだけど、九州の開花予想は3/15・・・。ムリっす。確定申告もブンなげることになっちゃう(笑)

だもんだから、進行中の「深く静かに潜行」があけた頃にでも行ってまいります。

うわー、長文ごめんなさい。しかも、こんなアホ話に。
以上を持ちまして、放浪記完結です。
しかしココログさん。「つづきを読む」みたいな折りたたみ機能つけてくれんかなー。

2巻目もやはし「らぶり」・・・

解禁日となりましたので、お仕事の告知です。

ウーロンの王女、もとい
「鳥籠の王女と教育係 魔王の花嫁
4/1にCobalt文庫より発売となります。

090225_215906_m 写真は打ち出し原稿。ケータイで撮ったため光線加減が大変怪しいですがご勘弁を。
あたくしの作業は今晩終了となる予定でございます。いえー。今回はかなり優等生。
それはいいんだけども、最近担当氏と話したところ、オススメマークがふたたび「らぶり」と判明しました・・・。

来月のことですが、今ゆっていいとおゆるしいただいたので暴露してるんですけど。

うああああ。いいんだろうか、わたし作のヤツにそんなんがついて・・・。

いやさ、本人としては「じーん」あたりで手を打ってくれないだろうかと思っていたわけですよ。というか、まだなんかなじみがある気がして落ち着くかなあ、と。ほんとはたいてい「わっは」とかなんですがね。それはそれでよいのですがね。つか「らぶり」がいやというわけじゃなく、なんと言うか、ドレスコードのあるパーティに普段着で混じっちゃった気持ちというのか・・・。

どうしよう。また動揺してます(笑)。

それでも読後「らぶりじゃんsign03」と思ったむきには、ぜひツッコンでやってくだせーましcoldsweats01

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

本日も晴天なり?

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

集英社文庫既刊

  • ザ・藤川家族カンパニー
    あなたのご遺言、代行いたします/ブラック婆さんの涙/漂流のうた

集英社オレンジ文庫既刊

  • 新釈 グリム童話
  • NDY企画 任侠事件簿
    今日から「姐」と言われても/今日から「夫」と言われても

Cobalt文庫既刊

  • 夜来香恋結店
  • 東京S黄尾探偵団 夏休みだヨ、全員集合!
    (コバルト文庫「書き下ろしアンソロジー① 龍と指輪と探偵団」に収録)
  • 薔薇の純情
    背徳の黒き貴公子
  • 鳥籠の王女と教育係シリーズ(全12冊)
    婚約者からの贈りもの/魔王の花嫁/永遠の恋人/姫将軍の求婚者/さよなら魔法使い/嵐を呼ぶ王子/恵みの環の魔王/魔法使いの選択/〈国守り〉の娘/夢で逢えたら/魔王の遺産/恵みの環の花嫁
  • 今夜きみを奪いに参上!シリーズ(4冊)
    紅(あか)の宝玉/忘れられた楽園/翼のない王/千人王の恋人
  • ダナーク魔法村はしあわせ日和シリーズ
    都から来た警察署長/ひみつの魔女集会/ドラゴンが出たぞ!/いとしのマリエラ/ただしい幻獣の飼い方
  • ガイユの書シリーズ(全4冊)
    薔薇の灰に祈りを/薔薇の灰に恋(こ)がれ/薔薇の灰は雪に/薔薇の灰は闇に
  • 東京S黄尾探偵団シリーズ(全28冊)
    少女たちは十字架を背負う/ 青の封印/ Kの処刑場/五月、拉致られる/さらば愛しき女(ひと)よ/羊たちの祭壇/竹林(ちくりん)温泉殺人事件/時計台の首縊り(くびくくり)の鐘/魔都に鳴く龍/ 君にささげる花束/ Sの葬列/俺たちは天使じゃない/ローマの厄日(やくじつ)/宝島へようこそ/シンギング・バード/奥様は魔女!?(マンガ版)/保健室とマシンガンv/ 嵐の歌を聴け/その女、凶暴につき/八月の雨/Uの烙印/もっとも危険なゲーム/バカップルがいっぱい/雨の海に眠れ/S黄尾、解散!?/ 史上最大の作戦(前編・後編)/奥様は魔女!? リターンズ
  • 振り返れば先生(ヤツ)がいるシリーズ(全2冊)
    振り返れば先生がいる/振り返れば先生がいる2ndシーズン
  • 王子様にキスを
  • 人は影のみた夢シリーズ(全4冊)
    人は影のみた夢①~④
  • 華(はな)は藤夜叉シリーズ(全2冊)
    華は藤夜叉/PURE GOLD
  • アル-ナグクルーンの刻印シリーズ(5冊)
    クィンティーザの隻翼(かたはね)/エズモーゼの左手/星は踊る/ 月を狩る森/砕けた紋章
  • この雪に願えるならば
  • 雨の音洲(あめのおとしま)秘聞シリーズ(全3冊)
    闇燈籠(やみどうろう)心中 桜の章、吹雪の章/ 朧月鬼夜(おぼろづきよ)抄
  • 月虹(げっこう)のラーナ
  • 羽硝子(ハネガラス)の森
  • 睡蓮の記憶
  • カウス=ルー大陸史・空の牙シリーズ(全17冊)
    誘いの刻(とき)/太陽のエセラ/ 祭りの灯(ひ)/嵐が姫《幽幻(ゆうげん)篇》《風雷篇》/忘我の焔/今日命(きょうめい)の螺旋/かさねの鉢植/女神の輪郭(前編・後編)/影朧(かげろう)の庭/聖女の卵/夢眩(むげん)の鏡/華烙(からく)の群れ/蘭の血脈《天青(てんじょう)篇》《地猩(ちじょう)篇》《紫浄(しじょう)篇》

ビーズログ文庫既刊

  • 少年ユヅルの優雅で怠惰な王国
  • 神抱く凪の姫シリーズ(全3冊)
    キレ神様、お目覚めにございます/耐えてください、キレ神様/誓いの刻です、キレ神様
  • 姫さま、恋愛禁止です!シリーズ(全2冊)
    花婿はお馬の王子/旦那さまと呪いのウサ耳
  • 女神の娘の恋歌(こいうた)シリーズ(全3冊)
    暁は伯爵、黄昏は魔王/光の乙女、闇の聖女/一瞬の光、永遠の輝き

幻狼ファンタジアノベルス既刊

  • 半魂香―まどろみの巫女と〈守護者〉―〈上〉〈下〉