お仕事情報

  • 3/20発売
  • 集英社オレンジ文庫
    今日から「夫」と言われても~NDY企画 任侠事件簿~
  • 新釈 グリム童話 ※アンソロジーです
  • 発売中
  • コバルト文庫
    夜来香恋結店(イエライシャンこいむすびてん)
  • 集英社文庫
    ザ・藤川家族カンパニー3 漂流のうた

Imformation

  • 響野夏菜のそのひぐらし へようこそ^^
    * 当ブログは響野夏菜管理のブログです。
  • * コメントは承認制ではありません、お気軽にどうぞ~。 当方の余力その他により、本文欄でコメント返しあるいは内容に触れることもありますが、ないときもあります。あくまでも、こちらの余力いかんなので、気にしないで下さいませ。
  • * 質問もコメント欄、あるいはメールで受け付けますが、原則作品に関することのみ、そして答えられることであれば本文上で回答いたします。メールでお問い合わせいただいても、メールでのお返事は差し上げておりませんのでご了承ください。
  • * 当ブログの内容を、許可なく二次加工・利用・第三者への配布をすることはご遠慮ください。
  • * 不適当と思われるコメントは、投稿者の承諾なしに削除させていただくことがあります。 また、混乱を避けるため、コメント欄を一時的に閉鎖させていただく場合もございます。ご了承ください。

最近のコメント

無料ブログはココログ

キューピー3分クッキング

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

今だから言えること・忘れられた楽園

「千人王~」の裏話かいて、ようやく思い出しましたので、遅まきながらバラします。
そういやこれ、あとがきに書こうかまよって、やめたのでした。
キャラのアホネタはパス、という方はご注意~。




んでは、参ります。「忘れられた楽園」では、なんかみなさん勝手してくださいまして、オレ的に「ちょっと待てや」と書くのを中断することもしばしば。
その〈作者の想定外のことをやった人〉大賞、発表です。

ジャラララン♪とドラムの音、そしてぴたりと合うスポット。

大賞は、ユーゼル・アナベラス先生~!
(どうでもいいけど、かれのファーストネームは、ぜんぜん浸透していないに100円)

かましてくれましたよ、ヤツは。
ハゲ? なにそれ? あたし聞いてませんけど!(笑)

うわー、そうなのと、作者しばし呆然。アナタそんなに繊細でしたか。
てことは、あの銀髪って、シラガ?

違いますうそです(笑)。

次点はファリウス先生(わたしのなかでは、彼とアナベラスは先生あつかい。意味不明)、3着はエイラーンとババロア姫の同点でしたsweat02
かんべんしてくださいよ、みなさん。メイン6人中4人が暴れてるって、どういうこと?

なんかあの人たちが「おかーさん許しませんよ!」なことをやる日も、近い気がする・・・。

今だから言えること・千人王、その1

つーことで、ネタバレ解禁日でございます。千人王の恋人、その1の裏話。

今回、シリーズ3作目にして、初めて凹凸のある女性が出てまいりました(笑)。とらわれの女船長、クレイユ・リレイ。
彼女のキャラ設定を読んで、担当氏が「ようやく『今きみ』にもうるおいが・・・」的なことを言ったのが印象的でした(笑)。ってなくらい、このシリーズったらボイン度(オヤジな言い方で失礼sweat02)が低いのよ。
いや、それはそれでいいのですが、せっせとバストアップをはかる作者と担当っていったい・・・。「今きみ2」の表紙でもババロア姫にパッドを入れさせ、今度はキャラ設定の時点で「チチはでかめ」と、慎みのかけらもない指示つき。
あんたたち、望みはいったいなに、と自分らにツッコミたい(笑)

そして、リレイの相手役、ワ・サナーン。やつの名はうっかり「アズー」です。「ダナーク~」で「イズー」を出したばっかりだというのに、なにその近似なネーミング。
いっそ「ウ」「エ」「オ」とかもやるべきですか。って、ちょっとイヤです「ウ」と「エ」は・・・。

美食の代償・試飲会編

2007年11月にチャリを漕ぎまくり、作ることの出来たキウイ酒。
3ヶ月から飲めるらしいということで、先日試飲会をいたしました。
あたしゃ、そのためだけに故郷に帰りましたことよ。

「あれからコーヒー酒も作ったんだよねー」とわが妹。それも併せてといわれてたので、ほくほくしながらお邪魔したらさ。

またあれだわ、例のパターン(詳しくは過去ブログを参照)。

いざ試飲、という段になってうちの妹サマが「あ」

響「なに?」
妹「牛乳…あったほうがおいしいかも」←コーヒー酒のためにね。

冷蔵庫にはないのか? ないんだな!? というわけで。

響「買ってきます」

デジャブなキモチで近所のスーパーにダッシュ。牛乳&バニラアイスをゲット。
してもどったその瞬間に。

妹「あ」
響「あ?」
妹「いや~、ガムシロップもあると・・・」

全部まとめて言えやannoy

さすがにイヤんなったので、買いに行きませんでしたが、とにかく、試飲会です。
キッチンの隅でひそかに熟成した成果が、こんなカンジ。

Kiwi


















想像より、ぜんぜん色が薄め。てなことを考えていると。

妹「なんか、キウイ酒って、あんまりおいしくないんだってさ」

おまえ・・・飲む直前になんてコトを。
でばなをくじかれつつdown それでもまずは乾杯。中身をごくり。

響「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
妹「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

思わず見つめあう姉妹。そしてやってくる悶絶。

マズっ。
強烈に、アルコールくさっ!

消毒用アルコールを口に含んだ。その表現がもっとも近いよ。
そして、とおぉくのほうで、うっすらぼんやりキウイ味なのが哀しいよ。

つか、はっきりきっぱり熟成不足。3ヶ月でのめるなんて、とんでもない。
てなわけで、酒甕は再び封じられました。半年後、リベンジ試飲会をするその日まで。

コーヒー酒のほうは、あれだな。アイスにたらして食べるとよいかと。
つっても、こっちも熟成不足でしたがね・・・。

なので、完結篇報告は夏頃を予定~☆

千人王の恋人・その1

てなわけで、雑誌Cobalt4月号、本日発売でございます。

Cobalt200804




















ババロア姫連載の一回目が掲載されとります。
「毎日が綱渡り」が座右の銘のわたくし(←いいかげんどうにかしたい)、
これもけっこうなスケジュールの元に書きました。
だもんで、当時の思い出をば書こうにも、記憶がない・・・。
ちなみに、今回「今きみ2」のネタバレ記事「今だから言えること」がないのも、同じ理由。

なんかあったっけ、面白かこと。振り返っても、真っ白だよ頭ん中・・・。
てなカンジなので、ご容赦くださりませ。
もし思い出したら、書きますsweat01

しかし、連載って結構久しぶりだったらしいですねワタクシ。
読みきり連作とかでなく「次回に続く」なヤツは、S黄尾の「魔都に鳴く龍」以来でした。初出をしらべたら、なんと8年ぶり。おおう。
ていうか、あの当時のことのほうが、記憶が鮮やかでなんか泣ける・・・。

それはともかく、3回、がんばらせていただきますのでどうぞよろしゅう。
今回、イラストが楽しかですよ。ややネタバレになりますが・・・・・・(以下数行注意)、







わたしは背景に無意味なキラキラを背負ったババロア姫(令嬢バージョン)が特に好きです。完成イラストをチェックさせてもらったとき、本文を知ってるもんだから(作者だしな)、思わずにやっとしました。
ゲストカップルもよかですよ、次回、片腕氏もイラストにならんかなー、と期待。






てなカンジで、2回目もこうご期待、って気が早すぎだ(笑)

タイ語版S黄尾6

「羊たちの祭壇」の見本が届きましたheart

Skibi6














今回の背表紙は黄色です(毎回違うのだ)。

しかし早いっすね、翻訳ペース。もしこれが現行シリーズだったりすると、あっという間に追いつかれるんじゃなかろうか。
なんかあれですね、アニメが原作に追いついちゃってさあどうする、みたいな。
いやその場合、翻訳は「止まって待つ」なんだろうけど。

ところで、翻訳5の「さらば~」の時、話題にしていたみさおの1ページぶち抜き「ブス!」

どうなってるかなー、とわくわく確認してみました。
ありましたことよ、ふふ。可能な限り最大のタイ語版「ブス!」が。

といっても8文字くらいありますが。その8文字で=ブスなのか、もちっと穏当な言葉に置き換えているのか、それとも英語みたいに「Your ××!」(←テキトーな罵倒語をいれてくれたまい)となっているのかは、やはり不明。

ああーん、だれか読んで~。そこだけでいいから~(笑)

ちょっと話は変わりますが、時々、いわゆる過去作品のキャラたちのその後を考えたりします。
いちおう、表舞台から退いたとはいえ、わたしの中ではずっと生き続けるものなので。
とくにS黄尾は現実を舞台にしていたので、今なにやってっかな~、と思うことも多いです。S黄尾の場合、本編終了から3年。なので単純に+3年とすると、天野兄弟が23歳ですかうっひゃ~。
たぶん、ユキヒラは皿洗いから野菜刻みあたりに昇進しているでしょう(笑)
そして花音ちゃん、就活はじまってますな~。←おかーさんちょっと不安。

そうゆうのも、ホントはチョコチョコ書ければいいのですが。
もしやるなら、ひっそりこっそりかしらね~。
つか、時間の確保から始めねばだな(笑)

知らないうちに

超好きな海外翻訳ミステリーが、発売出版社をお引越ししていたsweat01
あぶね~。ファッション誌の広告を見逃したら、いつまでもボーっと待っているところでした。

時々あるのよねー、こういうこと。ほかにも2シリーズ、わたしは知ってるざんス。
出続けてくれるのはありがたいんですが、表紙イラストが変わるのが悲しい。すんごく気に入っていた場合は、とくにね(つらかったよ、1冊目表紙に腰砕けになるほど撃たれたエ×××ス・×ールとか)←伏字過ぎてスマヌ。これでわかる人はある意味超マニアだ。

そしてお引越しした場合、可能性が高くなるのが、既刊シリーズにさかのぼった新装版。
翻訳版ではあんまし見かけないとはいえ、んなもの出されたら、買っちゃうじゃないよ。
コレクター魂にスイッチはいりますがな。

日本の作家さんのものですが、レーベルを三度変わったシリーズがありまして、というかレーベル変わっても続きが一向にでないんですが(笑)、全部持っているワタクシ。
新装版の書下ろしが、たとえほんの数枚だろうとついついつい買ってしまうのが、ファンというもの。
そして並べてそろえたいというのが、コレクターのさがというもの。

やめて、やめてね、と心の声。このシリーズに関しては原書も買っているので、タイヘンなことになります。

たのんます、出版者様~。

労多くして功少なし

コテで髪をまくことだ、わたしの場合。
ナゼに世の中の女子が、ああもきれいなクルクルが作れるのがどうしてもわかりません(泣)
自分がブッキー(不器用)なのは承知してますが、長時間がんばってもなんかかわいくないし、しかも毛質のせいかもちが悪ーいweep

だけどさ、やってみたいのよやっぱし。せっかく巻ける長さがあるわけだし、街中できれーなおねーさん(いやたぶんみんな年下だ)見ると、いいなぁとか思うわけで。

んなわけで今日も挑戦、な毎日なのだけど、たいていやります。じゅっ、と。
コテでね、デコとか首筋とかに触れちゃって、ヤケド・・・。

焦げます、黒く。
痛いです、心も体も(笑)

関東近郊の電車とかで、首筋にバンドエイド張ってる、巻き髪の30代女子(推定)がいたら、それはわたしかもしれません。
見かけたら、あたたかく見守ってやってくだせーましsweat02

通常モード

昨年末からダンゴになっていた修羅場を終え、つかの間自由の身に。
なったかと思ったら人と会う予定がテンコもりで、いつ休むんだというカンジです。

とくに肝臓ね。今月はじめから、連夜の酒盛り。通常わたしはビールオンリーの人なのだけど、すでに10リットルは摂取した計算。

やっぱアレだな。なか一日、4リットル近く飲んだ日が挟まってるから、この量なんだわな。

つか、われながらあっぱれな量だ・・・。

よく人に「ビールっておなかいっぱいにならない?」と訊かれますが、割と平気です。お手洗いにも、そんなに行きません。
ドコにためてあるのか、ちと自分でも不思議ですが。

それはともかく、酒宴は飛び飛びになりつつも月半ば過ぎまで続くもようです。

・・・ちょっと肝臓を励ましておこう。

わたしのonちゃん・大手術編

仕事がひと段落したら着手しようと思っていた、onちゃんのお洗濯。
ホントは年末に終わっているはずでしたが、ズルズル年を越しちまいました。
いい加減、ケータイもさびしいので(つうか、姫電だろあたし)、本日、決行いたします。

というか今やらないと、春になっちまうだ。
いや、もう春ですよお客さん。

それはさておき、まず、どんだけすさんでいるか、現在の状況。

Onbefor  





←かなりかわいそうでしょ。



びろーんな尻尾は、体で隠れてます。
これを、甦らせるには、ちょっとした手術が必要。中の機械を、いちおう取り出して、尻尾が巻き戻せるかやってみましょう。

んでは、手術開始。
縫い目をさぐりあてて、切開します。

切開。

詰め物を取り出し、機械を確認。
あああ、機械が磨耗しちょる・・・。やっぱし遊びすぎた~crying

仕方ないけど、機械はサヨナラ。紐だけ新品にチェンジします。

そして皮はお洗濯へ。洗○革命、登場。
しばらくジャブジャImg_0049ブやった後、乾燥タイム。





乾いたら、中身をつめなおして、縫合。

てなわけで、復活です。My onちゃん~!

しかし、すげえケータイだ我ながら。

アナタ今年三度目の年女よね、と心の声(笑)
ま、好きなものは好きなので、しょうがないですわな。

ちなみに、前記事が知りたい方は2007.11の「わたしのonちゃん」を
そしてどんな姫電か知りたい方は2008.01の「デコったぜ」をどうぞ☆

                                        

キャラに近づくための独り遊び

ここで「キャラ」を「役」と入れ替えると女優な発言で素敵ですが、
まあ、わたしはもの書きなのでしょうがあんめえ(笑)

以前からあちこちで書いてますが、わたしはシリーズ立ち上げ時に、ねちっこくキャラ&世界設定をやる人です。たいがい皆さんそうだろうなーとは思うのですが、通常モードの自分と比べると、「すっげーしつけーよな、おまえ」、とセルフツッコミしたくなるのね、個人的に。

蠍座だからねえ(笑)、でたな本性といえばそれまでですが。

んで、具体的に何をやるかといえば、キャラクターの場合年表づくり。算数ができないので、後日計算が合わなくなることもしばしば。モーローとして、兄弟の名前を逆にしてしまうこともタマに・・・。(意味あるのかとは言わないでくだせえsweat01)。
相関図ももちろん書きますし、言わせたいセリフなんかも、ある場合は書きます。

それとプラスして、「今きみ」シリーズでやっているのは、頭の中での台詞しゃべらせ。
タイトル、あれ、一応キメゼリフなのね。だもんだから、それを各自に言わせてみる。
イメージとしては、アニメなどの次回予告をキャラがしているカンジです。「今夜きみを奪いに参上! 次回もお楽しみにheart」みたいな。

うわー、こう書くとそうとうバカっぽいわ~(笑)。

だけどさ、効果はgood
けっこう、みんな違います。素直に言うヤツあり、キメ声のヤツあり、棒読みのヤツあり・・・。
ゲストキャラにも言わせます。ちゃんと性格が固まってるヤツは、さっと言うので、出来ているかどうかの指標にもなってお便利。

基本的にどのシリーズでもOKな独り遊びですが、S黄尾はちょっと大変。
なぜならあそこんちは、一人が何か言うと、他メンバーまで喋りだすので。
黙らせてキメゼリフが言えるのは、兵悟&みさおくらいかしらね。
五月は「ユキヒラ言っといて」、とか言って寝そうだ(笑)
ま、やつららしいといえばそうだけどね。

ともあれ「今夜きみを奪いに参上! ―忘れられた楽園―」
本日発売ですsign03 どうぞよろしくhappy01

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

本日も晴天なり?

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

集英社文庫既刊

  • ザ・藤川家族カンパニー
    あなたのご遺言、代行いたします/ブラック婆さんの涙/漂流のうた

集英社オレンジ文庫既刊

  • 新釈 グリム童話
  • NDY企画 任侠事件簿
    今日から「姐」と言われても/今日から「夫」と言われても

Cobalt文庫既刊

  • 夜来香恋結店
  • 東京S黄尾探偵団 夏休みだヨ、全員集合!
    (コバルト文庫「書き下ろしアンソロジー① 龍と指輪と探偵団」に収録)
  • 薔薇の純情
    背徳の黒き貴公子
  • 鳥籠の王女と教育係シリーズ(全12冊)
    婚約者からの贈りもの/魔王の花嫁/永遠の恋人/姫将軍の求婚者/さよなら魔法使い/嵐を呼ぶ王子/恵みの環の魔王/魔法使いの選択/〈国守り〉の娘/夢で逢えたら/魔王の遺産/恵みの環の花嫁
  • 今夜きみを奪いに参上!シリーズ(4冊)
    紅(あか)の宝玉/忘れられた楽園/翼のない王/千人王の恋人
  • ダナーク魔法村はしあわせ日和シリーズ
    都から来た警察署長/ひみつの魔女集会/ドラゴンが出たぞ!/いとしのマリエラ/ただしい幻獣の飼い方
  • ガイユの書シリーズ(全4冊)
    薔薇の灰に祈りを/薔薇の灰に恋(こ)がれ/薔薇の灰は雪に/薔薇の灰は闇に
  • 東京S黄尾探偵団シリーズ(全28冊)
    少女たちは十字架を背負う/ 青の封印/ Kの処刑場/五月、拉致られる/さらば愛しき女(ひと)よ/羊たちの祭壇/竹林(ちくりん)温泉殺人事件/時計台の首縊り(くびくくり)の鐘/魔都に鳴く龍/ 君にささげる花束/ Sの葬列/俺たちは天使じゃない/ローマの厄日(やくじつ)/宝島へようこそ/シンギング・バード/奥様は魔女!?(マンガ版)/保健室とマシンガンv/ 嵐の歌を聴け/その女、凶暴につき/八月の雨/Uの烙印/もっとも危険なゲーム/バカップルがいっぱい/雨の海に眠れ/S黄尾、解散!?/ 史上最大の作戦(前編・後編)/奥様は魔女!? リターンズ
  • 振り返れば先生(ヤツ)がいるシリーズ(全2冊)
    振り返れば先生がいる/振り返れば先生がいる2ndシーズン
  • 王子様にキスを
  • 人は影のみた夢シリーズ(全4冊)
    人は影のみた夢①~④
  • 華(はな)は藤夜叉シリーズ(全2冊)
    華は藤夜叉/PURE GOLD
  • アル-ナグクルーンの刻印シリーズ(5冊)
    クィンティーザの隻翼(かたはね)/エズモーゼの左手/星は踊る/ 月を狩る森/砕けた紋章
  • この雪に願えるならば
  • 雨の音洲(あめのおとしま)秘聞シリーズ(全3冊)
    闇燈籠(やみどうろう)心中 桜の章、吹雪の章/ 朧月鬼夜(おぼろづきよ)抄
  • 月虹(げっこう)のラーナ
  • 羽硝子(ハネガラス)の森
  • 睡蓮の記憶
  • カウス=ルー大陸史・空の牙シリーズ(全17冊)
    誘いの刻(とき)/太陽のエセラ/ 祭りの灯(ひ)/嵐が姫《幽幻(ゆうげん)篇》《風雷篇》/忘我の焔/今日命(きょうめい)の螺旋/かさねの鉢植/女神の輪郭(前編・後編)/影朧(かげろう)の庭/聖女の卵/夢眩(むげん)の鏡/華烙(からく)の群れ/蘭の血脈《天青(てんじょう)篇》《地猩(ちじょう)篇》《紫浄(しじょう)篇》

ビーズログ文庫既刊

  • 少年ユヅルの優雅で怠惰な王国
  • 神抱く凪の姫シリーズ(全3冊)
    キレ神様、お目覚めにございます/耐えてください、キレ神様/誓いの刻です、キレ神様
  • 姫さま、恋愛禁止です!シリーズ(全2冊)
    花婿はお馬の王子/旦那さまと呪いのウサ耳
  • 女神の娘の恋歌(こいうた)シリーズ(全3冊)
    暁は伯爵、黄昏は魔王/光の乙女、闇の聖女/一瞬の光、永遠の輝き

幻狼ファンタジアノベルス既刊

  • 半魂香―まどろみの巫女と〈守護者〉―〈上〉〈下〉