お仕事情報

  • 3/20発売
  • 集英社オレンジ文庫
    今日から「夫」と言われても~NDY企画 任侠事件簿~
  • 新釈 グリム童話 ※アンソロジーです
  • 発売中
  • コバルト文庫
    夜来香恋結店(イエライシャンこいむすびてん)
  • 集英社文庫
    ザ・藤川家族カンパニー3 漂流のうた

Imformation

  • 響野夏菜のそのひぐらし へようこそ^^
    * 当ブログは響野夏菜管理のブログです。
  • * コメントは承認制ではありません、お気軽にどうぞ~。 当方の余力その他により、本文欄でコメント返しあるいは内容に触れることもありますが、ないときもあります。あくまでも、こちらの余力いかんなので、気にしないで下さいませ。
  • * 質問もコメント欄、あるいはメールで受け付けますが、原則作品に関することのみ、そして答えられることであれば本文上で回答いたします。メールでお問い合わせいただいても、メールでのお返事は差し上げておりませんのでご了承ください。
  • * 当ブログの内容を、許可なく二次加工・利用・第三者への配布をすることはご遠慮ください。
  • * 不適当と思われるコメントは、投稿者の承諾なしに削除させていただくことがあります。 また、混乱を避けるため、コメント欄を一時的に閉鎖させていただく場合もございます。ご了承ください。
無料ブログはココログ

キューピー3分クッキング

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

’07年総決算

てほどのこともありませんが、

今年も終わりですので、個人的な5大ニュースを。

ほんとは10大にしたかったのですが、それほどトピがなかった(笑)

響野夏菜、’07年の5大ニュース(順不同)

① お引っ越しをした
② 蚊に勝った!
③ 大好きだったTEAM発砲BI-ZIN解散(大号泣)
④ 時代に負け、という後ろ向きな気持ちで(笑)ブログ開設
⑤ 夏はマックフルーリー(オレオ)が主食だった。

かなり地味な生活だねえ。

とはいえ、平和でなによりでした。

いろんな方面に、感謝。

これから、わたしは毎年恒例の「手帳整理」をします。なんとなく、禊(みそぎ)のキモチ。

1年ごとに、必要事項だけ書き写して、さよなら。

これもまた感謝とともに。

んで、年が明けてから、新手帳を開きます。

07’07年のは、これでした。

1年お疲れ様でした。

手帳を整理したら、わたしは戦場へもどります。

ああ~、ニューイヤーを、パソの前で迎えるのはやめようと、今年の元日にあれほど固く誓ったはずなのに…。

ともあれ、みなさまも、よいお年を。また、来年も作品を通してお会いできますよう。

 

幻のごはん

手伝ってくれたらおいしいご飯を食べさせてあげる、といわれて、荷物運びをしにいきました。

ゴチしてもらえるのは、韓国料理。幾度か行ったことのあるお店で、どれもおいしい! うえに安い! のが魅力のトコロ。

ダンボール運び出したり、棚をばらしたりしながら、キモチはすっかりトックとビビンバに飛んでいたわたし。石焼の、鍋にご飯を押し付けたときのジューッて音とか香ばしさを、セルフでエンドレス再生しつつ寒空の中を働き、

「おなかすいたねー」と、目当ての店にGO

ところが、行けども行けどもたどり着かないのよ。

あげくに「ここどこ?」という場所まで来てしまって。

車で通る道すがら、目を皿のようにしていたわたしたち。見逃すはずが、ない。

なのに、たどり着けないということは・・・。

お店がなくなった!!

つぶれたのか移転したのかわからないけど、とにかく、消えてしまった! ぎゃー!

きゅるるる、とむなしくなるお腹。来たるべき瞬間に向けて、イメトレした分、デカイ失望感。

もちろんご飯は、別のところでゴチしてもらいましたが。

えーん、あたしのビビンバ~。移転するなら言って行って~!!

 

クリスマスプレゼントv

本題の前に昨日の続き。

衝撃の告白を読んだ母から「よみました」メール。

「私の思い出を返せと思った?(笑)」とレスつけたら、返事が来なかった・・・。

ごめんよぅ、ママン。許しておくれよう。

というわけで、こちらが本題。あたしのNEW onちゃん~!

北海道みやげでいただきました! 超うれしい~!

これで旧onちゃんのお洗濯が、心おきなく出来るというもの(笑)

On

今夜は聖夜

クリスマスといって思い出すのは、子供の頃のこと。
3歳くらいの時かなぁ。長靴にお菓子はいったのあるでしょ? あれが欲しくて、母にねだったのでした。
「長靴買ったら、ケーキは買わないよ」と母。
うなずいたわたし、長靴(片足。昔のオヤは甘くない、笑)をゲット。
そしてお夕飯を食べて、夜になって・・・。
メソメソ、部屋のすみで泣くわたし。
どうしたのと訊く母に、涙ながらに訴える3歳児。
「やっぱりあたし、ケーキも欲しい~」
 ムスメの涙に負けた母はソッコー、まだ会社にいた父に電話してくれました。
 夜、父は、ばかでかいケーキと共に帰宅。

「・・・ということがあったのよ~」と、母はいまだ、ムスメの幼い頃の愛らしいエピソードを語ります。
 んが。
 もう時効かと思うので、今、告白します。

 すいません、あれ、演技 でした!!!

 あとで泣けば、ケーキ買ってくれる確信があったから、長靴を選んだの~。

 ふははははははは。計略は見事、成功したわ

 てゆうか、ごめんなさいお母さん。わたし邪悪な3歳児でした(笑)

 そして皆様、Merry Christmasよい聖夜を。

かなしみの一句

風邪ひいて 観にいけなかった トリツカレ男(字余り)

予定とすり合わせて、無理やりチケ取ったのに~

面白かったよ、と友人に聞いて期待してたのに~

どうして熱が出るかなあたし

ああー、バカバカバカ~!!

今夜はカレー

あまりにも食べ物ネタがおおいので、カテゴリ名をちと変えてみました。ふさわしいのは、こっちだろう(笑)

そして、Myぬか床案は、猛反対にあい、やむなく放棄することに。

「お願いだからやめてください」とまで言われました。そんなにダメですか。

ま、ならいいやと気持ちを切り替え(あっさりな)、今日はカレーを作りました。

スパイスの資料読んでたら、突然神が降りてきて「カレーを食え」とささやくので。

しかし、わたしは何を書くつもりなんだろう。というか、いまやっているのは「今きみ」なんだけどね…。

それで、今日のカレーは、普通のおうちカレー。うちの場合、

  • ジャガイモは入れない
  • 肉はブタバラ
  • 隠し味に大量のバターとケチャップを投入

で、我が家の味完成。

味も見た目も平凡だけど(写真撮るまでもないくらいだ、笑)、

でもなんか、ほっとするやね~。

どこ行った~・最終奥義編

いまだ行方のわからないDVDたち。

いい加減、途方にくれとります。

実は途中、いやになって捜索を打ち切ってました。

が、貸す期日が迫ってきたため、最終奥義をかますことに。

効果は絶大だけど、こわいから、あんまりやりたくないのよこれ。

何でかというとさ、タイヘン非科学的な手段だから。

そのくせ効果は絶大だから。

叫ぶのよ、部屋に向かって、大声で。

「返して!」

って。

~~出てくるんだわ、これやるとなぜか。探したはずの場所に、ひょいと。

見過ごし、かもしれないけど。だったらいいなと思うけど。

そうは思えないわたしがいる・・・。

てなわけで、やります今から。

結果は、後日。

やっと見た~!

数年前、BS2の放送を見逃した、某シリーズの1話をやっとつかまえました。
ありがとう、ケーブルテレビさま。リピート放送もありがとう。

うちの機械が謀反を起こしたときのため、念をいれ、2回ほど録画予約かけました(笑)

だってどうしても、見たかったんだもの。
シリーズを通して、鍵となる、重要な話の回だったんだもの。

ようやく、ようやく、その後の話とつながりました。

数年来のもやもや、一気に解消。バンザイ~!

ヒロインの星座

原稿をちくちく書きつつ、ふと思ったこと。

そういや、うちのヒロインて、水の星座はいないなあ。

代表的なところを挙げてみると。

  • 透緒呼(カウス=ルー)→おひつじ座(火)
  • ヴュティーラ(アル-ナグクルーン)→風
  • 花音(S黄尾)→おとめ座(土)
  • みさお(S黄尾)→みずがめ座(風)
  • ポーシア(ガイユの書)→土
  • ビー(ダナーク)→風
  • ババロア姫(今きみ)→おひつじ座(火)

ファンタジー作品に関しては、イメージを12星座を当てはめてみると、と言うことですが、
みごとに水はナシ。
ていうか、水以外は、まんべんなくいるんだよ。
ナゼ?
そして、火の星座はおひつじだけって、どういうこと?

いくら考えても、まったくわかりません。
キャラ作りのクセ、ということなのかしら。

ちなみに男性陣はどうかというと、
毎回、あんまし考えてません(笑)

ユキヒラや五月は設定上必要だったので決まってますけど、ほかはほとんど白紙状態。
うーん、イズーさんとか、どうなんだろう。
ツンデレ座、とオヤジみたいな答えしか思いつかない(苦)。

「今きみ」も、結構不明です。エイラーンは、このへん、とあてがありますが、
ファリウス先生はねえ。ウーリもねえ。アナベラスもねえ・・・。

血液型なら、イズーさんはB、アナベラスもB。
エイラーンはO、と思ってますけど。

たぶん今この瞬間は、原稿の事をマジメに考えろ、という話だ(笑)

ぬか床

ただいま、Myぬか床を作ろうかどうしようか、本気で思案中。

すっごく、所帯じみたことで悩んでますが、でも、悩んでるのよ。

おいしいぬか漬けが食べたいんだけども、市販のものがあんまり好みと合わなくって。

でもほしいな~と思ったら、作るしかないわけで。

ま、手間かかるし、毎日かき回さないとエラいことになるし、夏場はちとつらそうですが。

だけど、迷ってんのは、そのへんのことじゃなくて。

昔からよく言われているアレです。

「ぬか漬けはいったんはじめたら、やめてはいけない」

「やめると、よくない ことが起こる…」

ちょっとホラーっぽい文字で、思い浮かべて下さいましな。 

おそらく、ただの戒めの言葉なんだろうけど、怯むには充分。

わたし、飽きっぽい自覚あるしさ。来年まで、漬物ブームがあるかどうかは謎だ。

だけど、やめると「よくないこと」とか脅されると。ううう。

でも、生姜おいしいだろ~な~。カブもいいなぁ。

う~んん。

 

そのうち

友人に「どこがゆる更新のブログなんだ」と突っ込まれました。

たしかに(笑)

てゆうか、開始当初は「ボーっとしているうちに、もう3日も経っちまった」とかになるかなーと思ってたんだもん。

だけど気づけば、ほぼ毎日更新だ。われながらすごい。

けどさ、そのうち間遠になる日がくると思うの。というか、来るの。

なぜなら、締め切りというものが世の中にはあるから。

そして、締め切りと修羅場は、たいていセットだから。

なので、更新が2日おきになり、3日ごとになり、1週間てカンジになったら。

「ああ」と納得してくださいませ。

どこかの薄暗い室内で、パソ打ってると思ってくださいませ。

そんな日々が、わりかし近くまで来ている・・・。

体温計

デジタルのじゃなくて、水銀計のものの話。

1

ケースに紐がついてるでしょ? 何のためか知ってます?

両手で持って、ぶんぶん回してピンと引くため。なんだってさ。

そうすると、体温計の目盛りが35℃以下になるから。

なんだってさ。

わたし、それやってるの見て、単なるものぐさだと思ってたら、そう言われたの。

「知らなかったの?」といわれたけど、知らなかった。

うちの親、本体をぶんぶん振ってたもん。

だからわたしも、そうするものだと思ってました。

で、先日帰省した際にオヤに「知ってる?」って訊いたら。

おもむろに体温計を取り出した母が、紐まわしやがんの。

しかも、かなり得意げに。

見ていたわたしと妹(たまたま来ていた)、唖然。

「あーら、知らなかったの」と母。

知るわけないじゃないさ!

あんたが教えなくっちゃ、ダレに習うのお母さんん~。

てゆうか、教えてもらってれば、体温計ぶつけて割って、

水銀ぶちまけたりしないわよぉぉ。

↑キケンなので、皆さんケースに入れてまわしましょう。

あ、でも、今は耳で「ピッ」の時代だなぁ。

にくいぬ

実家で飼っている犬の名は「かるびー」といいます。

以前、あとがきにも書きましたが。

音の響きがかわいいと思ってつけました。そしてインパクトも強く、一度聞いたら絶対に忘れない。

散歩してると、よく「あら、かるびちゃん」と声をかけられます。

かるびー、なんだけどなと思いつつ、そういう時は会釈。

ところが、先日、お犬さまの診察券を見ていたら。

「響野カルビ」

って書いてある!

カルビ!?

どういうこと、と母に詰め寄ったら、母いわく。

母「だって、お父さんが問診表にそう書いたんだもん」

お父さん~!? 

あの犬、食用じゃないんだけど!

だけどそういや、父は「カルビ」と発音していたよ。

父の中では、やつは肉か…。

軽くショックをうけつつ黙るわたしに、母が追い討ち。

母「ちなみに、保健所の登録もそうなってるから」

うそ~!! イヤアアア!

ちぎれブーツ

昨日の話の続き。
忘年会でおいしい中華をたらふくいただいたあと、
気持ちよく2次会に流れるわたし。
まだ食うのか!? まだ飲むのか!? とセルフでツッコ
ミながら居酒屋へ。
お座敷だったのでブーツを脱ぎ、終電間際まで居
座っていざ帰ろうとしたら、
案の定ブーツがはいらない。
ひ~、と騒いでなんとか足をねじこみ、履いてたの
が巻きブーツ(ゲートルみたいなやつ、巻きかた次
第でブーティっぽくもロングにもできるすぐれもの☆)
だったので、縛って留めるためにウラ~、と締め上
げてたら。
ぶち
素晴らしく不吉な音とともに
ちぎれるブーツ。
点目になるわたしの横で、笑い転げる相方。
「あたしブーツちぎった人初めて見た」とか言われ
たよ。
あたしだって、ブーツちぎったの、初めてだよう~!
メソメソお家に帰りました。
Tigire ←これ、切れ端

16年目

16th_year 昨日、思いがけず、思い出の場所に行きました。

忘年会だったんだけど(そしてみんな酔わなかったので、その写真はナシ、笑)、

その会場が、16年前、コバルトノベル大賞をいただいたときの、授賞式会場でした。

16年前、指定の時刻の2時間前に最寄り駅に着くも、道がわからなくなって、1時間半も近隣をさまよい歩いたなぁ、としみじみ。

同期受賞もほかの方も、ほとんどがみなさん年上で、めまいがするほど緊張したとか。

そのわりに顔に出なくて、落ち着いてるねと言われて、「はあ」なんて答えながら、相手があこがれの先生だったもんで、死にそうになったこととか。

思い出しましたですよ。

そして、賞金をゲンナマ でいただいて帰りました。今は小切手だそうだけど、

あたしは札束を持って帰った。

帰りの電車で、鞄しっかり抱えてました(笑)。

周り中、全員が泥棒に見えましたよ。

しかしあれから16年とは。

人生はあっという間だ。

今だから言えること・紅の宝玉篇

発売後1週間過ぎたので、そろそろこのコーナーを。

もともとお返事ペーパー時代は、発売前にややネタバレなことを明かしてたのですが、

ちょっと待ってみました。

といっても、ここのネタは、たいていヒジョーにアホネタですが。

今回は、どうして盗賊の名前が〈空の旅団〉なのか。

それは数年前、わたしが夢を見たから、です。雲に乗った人たちが、旅をしながらどこかを目指していて、彼らが〈空の旅団〉と名乗っていたのでした。

目が覚めて、かなりの神々しさにボーっとしつつ(その人たちの衣装がまた、中国時代劇の仙人風だったのよ)、〈旅団〉の響きに「かっこいいかも」と、と思ったのがきっかけ。

まだ当時はS黄尾をやっていて、「今夜~」など、影も形もなかったころ。

でも、なんか話が作れそうだと、とりあえず言葉の正確な意味だけは押さえておこうと、辞書を引くとさ。

旅団:陸軍の部隊編成の単位。

とそっけないお言葉。

かるくショック。

ロマンのある言葉じゃなかったのね。ただの構成単位だったなんて。

ていうか、冷静に考えればそうなんだけれど。でも師団とか連隊より、旅団はいろいろイメージがわくんだわ。

旅、の文字の魔力だろうなぁ。

ちなみに、現実の旅団は2000人~の構成員がいるそうな。

うちの空の旅団は、ろ、6人?(ババロア姫と護衛含む)

いや、機関部とかいれた設定上の構成員は15名ほどですが。

少なすぎるぞぉ。

いや、旅団が大人数ってのは承知してますから。大丈夫よ大丈夫(笑)

こんなはずじゃ・・・リベンジ編

くふっ。買っちゃった。

カタログ再検討のうえ、アキバに突入し、デジカメを無事ゲット~。

071203_225731_m_2

もちろん、色と形に惹かれての購入。(写真は写メよ)

そして、ついたポイントで、手動式シュレッダーも手に入れました。

録画ミスったDVDを処分するのに、紙用じゃないのが必要だったので。

手動は多少力が要りますが、1260エンですから。

わーい、新しいおもちゃおもちゃ~。

しばらくは、どこへ行くにも一緒です。

きゃー、なに撮ろう。

とかいって、多分初撮りは、間近に迫った忘年会の酔っ払い顔かも…。

 

名前の由来

新刊「今夜~」が出てさらにお客様が増えたので、ここいらでブログタイトルの由来など。
なんとなく類推つくでしょうが、ペンネームの「かな」からです。
カーナカナカナ、って、蜩みたいでしょう。

もちろん、前にやっていたお返事ペーパーが「ひぐらし便」だったのも、そこから。
デビュー当時、友人にペンネームを訊かれて「かな」だと答えたら、↑の鳴き真似をされたのさ。

うきー! と思いつつ、使えるかも、と心にメモ。

ブログ移行にあたって、「ひぐらし××」にしようかと考えましたが、なんかいいのさくてさ。
言葉としても、ネットとかWEBとか思いつかなくて。
でもそれだと、ビミョーにブログからずれるし、
なにより、セミがクモの巣に引っかかったみたいなイメージだ。

想像して、ちょっと悲しかったので却下。
で、現タイトルに落ち着いたわけですが。
かなり的確に「名は生活を表す」、なカンジ。

危ない橋、渡ってるからなぁ、いっつも(泣笑)
ええ、そう。〆切のですわ。
アハハハハ。と笑うしかない・・・。

うち間違い

パソはローマ字打ちなので、お仕事中、打ち間違いにより、知らない名前に出会うことがしばしば。

たとえば
「オジーは言った」。
とか。

「ボー! ちょっと待て!」
とか。

正解は、「イズーは言った」であり、
「ビー! ちょっと待て!」
です(どっちもダナークシリーズ)。

ちょっと待てはお前だろう、としばし自分にツッコむ瞬間。

かつてS黄尾時代、みさおを(もさお)とやったことも。

萎えます。

そのまま、どっかへ遊びに行っちゃうこともしばしば。

えへ。

BREAK FREE

先日、占いをしてもらう機会がありました。
で、その時の重要なキーワードが「BREAK FREE」
殻を破んなさい、自分から行動しないと何も変わらないよ、ということだそう。
うおお~、一番ニガテなことだ。どうしよう~。
と思いつつも、かなり心にしみました。
そうなのよね。黙ってたら、誰にも気持ちは伝わらないもん。
だもんで、一歩、踏み出してみようかと思ってます。
って言っても、出来ることから少しずつだけど。だから、まず5ミリくらい?(笑)
それでも大いなる一歩だと思うあたり、小っちぇえな~、オレ。
まあ、いいか。頑張ろうっと。

こんなはずじゃ・・・

ブログに使う! という大義名分のもと、デジカメを買いにアキバへGO。

新しい電化製品は大好きだけど、電磁波の苦手なわたしが自主的にアキバへゆくのは、半年に1度くらい。

そして当然、長居するとしんどくなるので、目当ての製品はカタログでチェック済みなのだ。

すでに帰りの電車で包みをあけていじるつもりで(あたしは子供か)、うきうき売り場に行って。お目当てを手にし。

うーん?

なんか、思ってたのと、ちがうぞ。

手にした感触とか、艶とか。ちょっとなじまないカモ。

想定外の事態に、がーん。

さっと行って、ぱっと買って、脱出。

それしか考えてなかった・・。

かといって無理に買うのもどうかと思い、手ぶらでお店を出ることに。

えーん。写メじゃない写真をアップできるかと思ってたのに。

カタログ、再検討してリベンジです・・・。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

本日も晴天なり?

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

集英社文庫既刊

  • ザ・藤川家族カンパニー
    あなたのご遺言、代行いたします/ブラック婆さんの涙/漂流のうた

集英社オレンジ文庫既刊

  • 新釈 グリム童話
  • NDY企画 任侠事件簿
    今日から「姐」と言われても/今日から「夫」と言われても

Cobalt文庫既刊

  • 夜来香恋結店
  • 東京S黄尾探偵団 夏休みだヨ、全員集合!
    (コバルト文庫「書き下ろしアンソロジー① 龍と指輪と探偵団」に収録)
  • 薔薇の純情
    背徳の黒き貴公子
  • 鳥籠の王女と教育係シリーズ(全12冊)
    婚約者からの贈りもの/魔王の花嫁/永遠の恋人/姫将軍の求婚者/さよなら魔法使い/嵐を呼ぶ王子/恵みの環の魔王/魔法使いの選択/〈国守り〉の娘/夢で逢えたら/魔王の遺産/恵みの環の花嫁
  • 今夜きみを奪いに参上!シリーズ(4冊)
    紅(あか)の宝玉/忘れられた楽園/翼のない王/千人王の恋人
  • ダナーク魔法村はしあわせ日和シリーズ
    都から来た警察署長/ひみつの魔女集会/ドラゴンが出たぞ!/いとしのマリエラ/ただしい幻獣の飼い方
  • ガイユの書シリーズ(全4冊)
    薔薇の灰に祈りを/薔薇の灰に恋(こ)がれ/薔薇の灰は雪に/薔薇の灰は闇に
  • 東京S黄尾探偵団シリーズ(全28冊)
    少女たちは十字架を背負う/ 青の封印/ Kの処刑場/五月、拉致られる/さらば愛しき女(ひと)よ/羊たちの祭壇/竹林(ちくりん)温泉殺人事件/時計台の首縊り(くびくくり)の鐘/魔都に鳴く龍/ 君にささげる花束/ Sの葬列/俺たちは天使じゃない/ローマの厄日(やくじつ)/宝島へようこそ/シンギング・バード/奥様は魔女!?(マンガ版)/保健室とマシンガンv/ 嵐の歌を聴け/その女、凶暴につき/八月の雨/Uの烙印/もっとも危険なゲーム/バカップルがいっぱい/雨の海に眠れ/S黄尾、解散!?/ 史上最大の作戦(前編・後編)/奥様は魔女!? リターンズ
  • 振り返れば先生(ヤツ)がいるシリーズ(全2冊)
    振り返れば先生がいる/振り返れば先生がいる2ndシーズン
  • 王子様にキスを
  • 人は影のみた夢シリーズ(全4冊)
    人は影のみた夢①~④
  • 華(はな)は藤夜叉シリーズ(全2冊)
    華は藤夜叉/PURE GOLD
  • アル-ナグクルーンの刻印シリーズ(5冊)
    クィンティーザの隻翼(かたはね)/エズモーゼの左手/星は踊る/ 月を狩る森/砕けた紋章
  • この雪に願えるならば
  • 雨の音洲(あめのおとしま)秘聞シリーズ(全3冊)
    闇燈籠(やみどうろう)心中 桜の章、吹雪の章/ 朧月鬼夜(おぼろづきよ)抄
  • 月虹(げっこう)のラーナ
  • 羽硝子(ハネガラス)の森
  • 睡蓮の記憶
  • カウス=ルー大陸史・空の牙シリーズ(全17冊)
    誘いの刻(とき)/太陽のエセラ/ 祭りの灯(ひ)/嵐が姫《幽幻(ゆうげん)篇》《風雷篇》/忘我の焔/今日命(きょうめい)の螺旋/かさねの鉢植/女神の輪郭(前編・後編)/影朧(かげろう)の庭/聖女の卵/夢眩(むげん)の鏡/華烙(からく)の群れ/蘭の血脈《天青(てんじょう)篇》《地猩(ちじょう)篇》《紫浄(しじょう)篇》

ビーズログ文庫既刊

  • 少年ユヅルの優雅で怠惰な王国
  • 神抱く凪の姫シリーズ(全3冊)
    キレ神様、お目覚めにございます/耐えてください、キレ神様/誓いの刻です、キレ神様
  • 姫さま、恋愛禁止です!シリーズ(全2冊)
    花婿はお馬の王子/旦那さまと呪いのウサ耳
  • 女神の娘の恋歌(こいうた)シリーズ(全3冊)
    暁は伯爵、黄昏は魔王/光の乙女、闇の聖女/一瞬の光、永遠の輝き

幻狼ファンタジアノベルス既刊

  • 半魂香―まどろみの巫女と〈守護者〉―〈上〉〈下〉