お仕事情報

  • 3/20発売
  • 集英社オレンジ文庫
    今日から「夫」と言われても~NDY企画 任侠事件簿~
  • 新釈 グリム童話 ※アンソロジーです
  • 発売中
  • コバルト文庫
    夜来香恋結店(イエライシャンこいむすびてん)
  • 集英社文庫
    ザ・藤川家族カンパニー3 漂流のうた

Imformation

  • 響野夏菜のそのひぐらし へようこそ^^
    * 当ブログは響野夏菜管理のブログです。
  • * コメントは承認制ではありません、お気軽にどうぞ~。 当方の余力その他により、本文欄でコメント返しあるいは内容に触れることもありますが、ないときもあります。あくまでも、こちらの余力いかんなので、気にしないで下さいませ。
  • * 質問もコメント欄、あるいはメールで受け付けますが、原則作品に関することのみ、そして答えられることであれば本文上で回答いたします。メールでお問い合わせいただいても、メールでのお返事は差し上げておりませんのでご了承ください。
  • * 当ブログの内容を、許可なく二次加工・利用・第三者への配布をすることはご遠慮ください。
  • * 不適当と思われるコメントは、投稿者の承諾なしに削除させていただくことがあります。 また、混乱を避けるため、コメント欄を一時的に閉鎖させていただく場合もございます。ご了承ください。
無料ブログはココログ

キューピー3分クッキング

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

今夜きみを奪いに参上!

発売です。

ひゃ~、ドキドキ。

楽しんでもらえるといいなぁ。

本日、近所の本屋さんに偵察に行こうか思案中。

柱の影から売り場をうかがっている、あやしい女がいたらそれはわたしだ(笑)

どうぞよろしくです。

どこ行った~・遺跡崩壊編

DVDの捜索は、本日でウン日目に突入。ないよぅ(泣)。

仕方ないので、一度調べた場所を再確認していたら、

書庫のほうですさまじい音。

びっくりして、飛んでいくと、

書庫内のダンボール、崩壊

どうやら、お引越し用ダンボールの強度に、限界がきていた模様。

そしてあふれかえる、1000冊を超える本と資料。

基本的に紙ものなので、壊れたりはしていないんだけど。

イヤー!!! これ片付けるんですか、わたし~~。

そしてDVDの捜索は、今日も続く・・・。

食べくらべ

激辛という言葉に、ヒジョーに弱いわたし。

今日も新しい刺激をもとめて、コンビニなどをさまよっております。

んで、某魔王と2倍暴君を購入。どちらが真の王かを個人的に決めるべく、同時に食しました。

うーん、甲乙つけがたし。魔王は直球、暴君は時間差で辛さがくるよ。

味として好みなのは、暴君かなぁ。

とはいえ、激辛好きとしては、どちらももうちょい、辛くてもいいかもです。

だけど、すでに、フツーの刺激では満足できない体(笑)だからなあ。これ以上辛いと、食べられない人もいるのかも。

どこかで、マニア向け商品、 出ないかなー。

たぶん、箱買いするよわたし(笑)

今週きみを奪いに参上

アホなタイトルだ、われながら・・・。

てなわけで、発売より一足先に表紙をお見せしちゃいます。

Photo_2   

















見にくかったらごめんなさい。
でもカッコいいでしょ。えへっ。

九つの宝玉を追う盗賊団〈空の旅団〉のお話です。
左が、ヒロインのイリーシェ。
右が、ヒーローのエイラーン。

ちなみに、イリーシェは今後、このブログでは「ババロア姫」と呼びます。
なぜかはあとがきを参照のこと(笑)

ところで、この盗賊は必ず予告状を出すのですが、この記事もなんだかそんな感じね。

あー、どきどきしてきた。

週末、本屋さんでお会いできますように!

どこ行った~?

ただいま、友人に貸すDVDを必死に捜索中です。

絶対この部屋にある!! はずなのに、どうして出てこないの「コンポーザー」と「ホワイトストーンズ」。

なんでこんな狭い部屋で見つからないんだ? 部屋に地層はないぞ。

遺跡ならあるケド(笑)

別名を書庫。諸般の事情で、資料&本が箱詰めのまま永眠中。

その中じゃない、と思いたい。でもそろそろ、室内に探す場所がなくなってきたぞ。

お~い!!! どこ行った~?

わたしのonちゃん

onちゃんというのはHTB(北海道テレビ)のマスコットキャラクターです。

まるくて黄色くて、「どうでしょう」ではヤスケンさんが被ってます。

この春NACSを追って札幌に行ったときに(東京公演も大阪公演もチケがとれず本拠地へのりこんだ、笑)、尻尾をひっぱるとブルブルするのをショップで購入。

ちょっと、というかだいぶ大きいですが、ケータイにつけて使ってました。

ヒマになると、ボーっと尻尾を引っぱったりなんかして。

ですが半年たつと、外見がかなり荒んでまいりました。

どこへでも連れて行かれるもんだから、真っ黒・・・。

わたしが春に、大喜びで見せびらかした友人が、それを見て一言。

友「お風呂入れてあげたら」

入れてあげたいよ、わたしも。

だけどさ、中にブルブルするための機械が入ってるんだもん。

などどサ店で喋りつつ、onちゃんの尻尾を引っぱっていたら。

突然、ブルブルが停止。

巻き取られるはずの尻尾の紐が、だら~ん。

こ、壊れちゃった!!

えーん、遊びすぎですか、わたし~。

友「(冷静に)ちょうどいいから、風呂入れてみたら?」

機械動かないならって、そういう問題じゃないよう(泣)

と一度は思いましたが、やってみますワタクシ。

このまま捨てるの、忍びないんだもん。サイトでも売り切れのようだし・・・。

出来れば、尻尾だら~んも解決します。

う、うまくいったら報告しますね。

今だから言えること・ルベルの小筐篇

  「今だからいえること」というのは、お返事ペーパー「ひぐらし便」上で、最長のコーナーのひとつだった、作品の「しょうもない」裏話をする場所のこと。ブログ上でも、引き続きやっていきます~。

で、発売中の雑誌Cobalt12月号の「今夜きみを奪いに参上!ルベルの小筐」篇。

巻末のパーソナルプロフィールでも触れましたが、わたくし、作品のため、という名目で、レースを作る体験講座を受講してまいりました。

というのも、ゲストキャラがレースの織り子さんだったから。

いやべつに、そこまでしなくてもいいのだけれど。だいたい、習ったのはバテンレースという種類なのに、作中で扱ったのはボビンレースだし(作業がぜんぜん違うの、笑)。

というか、資料調べをしてレースの美しさに見とれ、ちょっとやってみたかったのでした。

で、その成果、というか恥をさらしましょう。

Batenn

わたしの作業したのは、三つのわっかの中の、クモの巣のような部分。目が揃ってない(笑)

周りはブレードと呼ばれる、市販品です。昔はその部分も、当然手作りだったとか。

それを思えば楽をしているはずなのに、これを作るのに、何度も針を指に刺したわたし。

実は裏側に血のしみがあります(笑)

そしてどんなに大変だったか、身にしみてわかったよ・・・

ちなみに、月末発売の本編の方では、ヒロインのイリーシェが、このレースを作ってます。

たぶん、わたしいじょうにヘタかと。

そうイメージして読むと、楽しいかもです。

お誕生日

昨日はわたしの誕生日でした。いくつになったかは訊かなくてよろしい(笑)

歳を取ると嬉しくないと言いますが、いまだにちょっと嬉しいわたし。まだ実家逗留中なので、赤飯を炊いてもらいました(たんに好物なの)。えへ。

そして、お仕事も特別にお休み(笑)。自分にプレゼントをするべく、マフラーを編んでました。

 ←これがそれ。毛糸4玉、所要時間8時間ホド。

天気もよく何事もなく、穏やかな一日でした。去年を思うとウソのようだ。

去年はね、ちと悲しい誕生日だったのよ。お祝いしてあげるから一緒においしいケーキ買いに行こう、といわれてお店に出向いたら、なんとそこが改装中でお休みで。

えーん、ちゃんと調べといてよぅ。

しかも遅い時間だったので、支店にゆく時間もなくって。

おまけに、雨だったの。つめたーい雨が、しとしと。しょんぼり気分に追いうち。

誕生日とか元日って、いいことがあると、その後一年も良くなるような気がするわたしとしては、大変ブルーでした。

かといって、この一年が大変だったかといえば、そうでもないんだけど(笑)

そしてその論法でゆくと、今後一年は、ダナーク村のごとくのんびりな日々…? 

ありえないぞ(笑)。すでに予定はつまり気味だ。

えーと。今日から仕事します。き、昨日の分も。

ごあいさつ

そろそろブログ開始の先行告知ハガキが届いて、お客さまが増える頃かと思うので、あらためてご挨拶を。
こちらは響野夏菜本人によるブログ「響野夏菜のそのひぐらし」です。お返事ペーパー「ひぐらし便」の後釜として、先月末にスタートしました。
ひぐらし便同様、響野のオマヌケな日常&活動情報などをのんびり更新してゆくつもりですので、どうぞよろしくお願いします〜。

美食の代償・ジャム編

昨日の記事の続きです。
貴重な体力を使い、わたしが実家-妹宅を2往復して無事キウイ酒の仕込みが完了したあと。
さあ次はジャム、という段階になって、またしてもうちの妹サマが「あ」
響「なに?」←やや警戒。
妹「ジャムに使うレモンがない」

アンタほんとに作る気あるのか(笑)

妹「白ワインならあるけど」

レモンの代わりに白ワインを入れてもいいらしいのですが、わたしはレモンのやつが食べたいよ。

再度、わたしは立ち上がりました。

響「買ってきます」

だってお土産に半分くれるっていうんだもの〜。

かくて、近所のスーパーにダッシュ。レモンを買うついでに、出来たてを試食する為のパンも購入。

試食して、手間を惜しまずよかったと思いました。果肉たっぷりで美味しい。

翌日、さらに味がよくなっていてちょっとびっくり。そうか、なじませたほうがジャムはいいのね~。

美食の代償・キウイ酒編

妹宅のパソで、前記事を書いてのほほんとしていたら、突然背後で、

妹「あ!」

響「ん?」

妹「酒入れる瓶を煮沸する、デカい鍋がない…」

ない場合は、熱湯をまわしかけるとかでもいいそうだけれど、シロウトなのでちと心配。

そして実家には、そおゆう鍋が、ある。

だけど、オヤが不在の今日は、魔法(電話して親に持ってきてもらう)が使えない。

実家までは、チャリで約10分の距離。とはいえ、前記事のとおり、けっこうわたしには厳しい道のり…。

一瞬迷いましたが、当然食い意地が勝ちました。ワタクシ、立ち上がって一言。

響「とってきます」

美味しいものは、手間をかけるか高い金を出さなければ手に入らないものなのです、と思っているわたし。なので、ここで手間を惜しんで、キウイ酒が数ヵ月後に飲めないなんて、とんでもない。

だから漕ぎましたことよ、実家まで。

そして、辿りついた実家にはオヤがいた…。今帰ってきた、だとぅ。

くそ~。十分待って、電話すればよかった。

ですが、苦労が実って、完成です。

品質に問題がなければ、三ヶ月後に試飲報告ができるかも。

おいしいといいな~。

美食の代償

ただいま実家に帰省中のワタクシ。

本日、ウン年ぶりに自転車に乗りました。

なぜなら去年まで住んでいたところは、自転車は邪魔、な繁華街で、

今住んでいるところは、自転車は無理! の坂の多い町だから。

だもんで、ひさびさにチャリを漕いだら、前太ももが痛い…。

こんなに大変だっけか、チャリ漕ぐのって。ぜんぜん進まないよう。

それでもがんばって漕いだのは、張りまくった食い意地ゆえです。妹が、いただいた100個強のキウイを、キウイ酒&ジャムにするというので。

わたしは姉なので、仕事は監督&試食のみ(笑)

きびきび働け、妹よ。

完成が楽しみ~♪

いやいや、皮むきくらいは手伝いますが。気が向いたら(笑)

ぬるま湯…

最近、ぬるま湯で簡単にオフ出来るタイプのマスカラを愛用してます。左右で睫毛の長さがちょっと違うので、人工的なボリュームの増減が日々必須なのだ。

で、先日。がっちり化粧して外出し、帰宅してからDVD観ました。そして号泣。

んでさ、我に返ってふと見ると、手の甲に擬似ヒジキな物体が。

3秒硬直ののち、正体が判明。マスカラだ…。

鏡をみると、睫毛が素に戻ってました。どうやら、涙の温度で、コーティングがゆるんでしまった模様。

そうか、涙ってビミョーにぬるいのね。よく考えれば当然だけど、あんまり意識することないので、なんとなく感心。

そして落ちてしまったとはいえ(号泣はメーカーでも想定外だと思うの)、マスカラは優秀でした。滲みはほとんどナシ。拍手。

なので、本日もばっちり使っています。泣く予定もないので(笑)

2007年夏の戦績

とタイトルを書いてふと思いましたが、「戦」の字の入る記事多いなわたし。日々ゆるゆる暮らしてるばすなのに…。
それはさておき、今夏の戦績です。響野VS蚊、の。

世界中から蚊を抹殺したいほどヤツらが嫌いなわたしにとって、その夏どれだけやつらに刺されたか、もしくは刺されなかったかは、ヒジョーに重要なことだったりします。

一時、「蚊日記」という、やつらとの戦いに関する記事のみのブログでも立ち上げようかと思ってたくらい、イロイロやってます。わたしの5月から10月は、やつら中心に回っているといっても、過言じゃないです。

でも、もう立冬も過ぎたことだし、そろそろ戦闘期間も終わったということで(いや実は、都市部では小春日和も大変危険ですが)、発表です。

2007年夏、わたくし響野夏菜が蚊に刺された回数は…

4回(のべ回数)

匹数だと…

1匹!!

実はねちっこく、蚊に刺された記録を残してます(笑)。ヤられたのは、5月末日の墓参りだ。鼻歌交じりに墓石を磨いている間に、ぶす~。

それはさておき、この数字は快挙です。年平均3.2匹というところなので。

敗因は毎年同じです。油断。

まだ蚊はいなかろう、とか、ちょっとそこまでだからいいか、とか。

それじゃあ駄目なのよ。

いくらよく効く虫除けスプレーを持っていても、使わなくちゃ意味はないのよ。と、ヤられるたびに自分を罵るわたし。

ああいうときの怒りは、ぶつけどころがなくてつらいですな(笑)。

ともあれ、今年の戦いは終わりです。夏中フル稼動の液体蚊取り(ブタ型)も、しばしの休息に入りました。ありがとう~(と言いつつ、戸棚に収納)。

ふたたびお直し

爪の次は髪です。いろいろ面倒よね女って。
とはいえ、天野行衡ばりの天然パー(マ)、歩く湿度計だったワタクシにとって、数ヵ月に1度のお直しは重要な行事だったりします。
そして今回は1年ほど続いた日本人形ヘアにも飽きたので、デジタルパーマをかけました。あれほど渇望したサラサラストレートなのに、1年で飽きたって、どうなのよあたし。

それはともかく、裾の方にゆるいウエーブをということで、施術してもらいました。で、その途中、ロッドを外してもらった瞬間、鏡に映る自分にアラびっくり。
姫系?
かなりこってり巻き髪なわたしがそこに。もちろん、すぐにゆるウエーブにするための液をつけて崩しちゃいましたが。
一瞬、そのままにしておこうかと迷いました。ちょっと気に入ったのよ(笑)

トーゼン、服とか歳とかイロイロ考えて、自主的に却下しましたが。そして、冷静になった今、予定通りにしてよかったとも思ってますが。いや、担当さんに止められたかなぁ。

そんなわけで、ほぼ1年ぶりにウエーブ頭に戻ったわたくし。

だけど、くせ毛とくせ毛(風)の決定的な違いは安定感すね。雨だろうと暖房効きまくり電車だろうとへいちゃら。ららら~。

化学万歳、です。

12月刊、着々と進行中!

11月末に発売となる新シリーズ(12月刊)の、ワタクシの関わる部分の作業がすべて終了しました。ふー。

もう少し後になったら、麗しいカバーイラストなどもご紹介出来るかと思います。すんごいカッコイイので、楽しみにしていて下さいませ〜。

中もね、章タイトルのデザインとか、3行あきの☆マークなんかが入るところとか、デザイナーさんに凝ってもらったので、見本が届くのが待ち遠しいです。

やっぱり本は手にとって読むものなので、製本されたものが届くと、お〜と思います。作者だけど、毎回読みます。トーゼン誤字チェック等もかねてますが(笑)

それでも、見慣れた、というか読みなれた原稿が本になると、いまだにベツモノみたいな気がします。たぶん、それが自分の手を離れた、ということなのだろうけど、いまだに自分の新刊を手にするたび、ちょっと不思議なカンジです。お店で見ても不思議だけど。

それにしても、長くこのお仕事やっていますが、まだ自分の本が買われてゆく現場は見たことがないっすね。あっても、アワアワして、とんでもないバカをしそうで怖いです。握手してください、とか(笑)

戦利品

数日前、化粧品のドカ買いをしたあたりでやばいとは思ってましたが、買い物魂にスイッチが入ってしまいました。

その状況でファミリーセールに行くのは危険、なんだけど、開催期間が限られているのでいってきましたことよバーゲンに。

結果は大漁。あんまり恥ずかしいので内訳は伏せますが、大量。だけどさ。

お洋服は一度に一セットしか着られないでしょ、と心の声。

仕事柄、あんまり出かけないでしょ、と心の声。

わかっちゃいるのだけど、ほしかったのよう。でも、この冬はもう買うまいと反省しながら会場を後にし、ご飯を食べに行ったビルのショップで、きゃあかわいいと靴を購入…。

だって豹柄だったんだもん。そしてちょうどぺたんこ靴だったんだもん。

こういうのほしいと思っていたんだもん~。

…反省ってどこの世界の言葉だろう。

お直し

お直し
修羅場のせいで延ばし延ばしにしていたネイルサロンに行ってきました。
ただでさえ心のすさむ〆切り間際に荒れ放題の爪で、仕事中なんどキー! と吠えたことか(内心ですが)。
仕事中断してケアに行けばいいのだけど、修羅場でいっぱいいっぱいのところに、さらに戦闘態勢(がっちり化粧することだ)に入る気力はとてもなく…
んなわけで、自由の身になったこの隙にサロンへダッシュ。
んで、綺麗にしてきました。じゃん♪
わたしのお直しポイントはいつも、前回といかに変わったか、です。前回はピンクの豹柄だったので、キラキラつきにしてみました。
ちなみにジェルネイルです。数年前から自爪伸ばすのやめて、プロにお任せしてます。みさお(S黄尾の)のようにはなかなかいかんのです。爪で人切り裂くなんてとてもとても(笑)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

本日も晴天なり?

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

集英社文庫既刊

  • ザ・藤川家族カンパニー
    あなたのご遺言、代行いたします/ブラック婆さんの涙/漂流のうた

集英社オレンジ文庫既刊

  • 新釈 グリム童話
  • NDY企画 任侠事件簿
    今日から「姐」と言われても/今日から「夫」と言われても

Cobalt文庫既刊

  • 夜来香恋結店
  • 東京S黄尾探偵団 夏休みだヨ、全員集合!
    (コバルト文庫「書き下ろしアンソロジー① 龍と指輪と探偵団」に収録)
  • 薔薇の純情
    背徳の黒き貴公子
  • 鳥籠の王女と教育係シリーズ(全12冊)
    婚約者からの贈りもの/魔王の花嫁/永遠の恋人/姫将軍の求婚者/さよなら魔法使い/嵐を呼ぶ王子/恵みの環の魔王/魔法使いの選択/〈国守り〉の娘/夢で逢えたら/魔王の遺産/恵みの環の花嫁
  • 今夜きみを奪いに参上!シリーズ(4冊)
    紅(あか)の宝玉/忘れられた楽園/翼のない王/千人王の恋人
  • ダナーク魔法村はしあわせ日和シリーズ
    都から来た警察署長/ひみつの魔女集会/ドラゴンが出たぞ!/いとしのマリエラ/ただしい幻獣の飼い方
  • ガイユの書シリーズ(全4冊)
    薔薇の灰に祈りを/薔薇の灰に恋(こ)がれ/薔薇の灰は雪に/薔薇の灰は闇に
  • 東京S黄尾探偵団シリーズ(全28冊)
    少女たちは十字架を背負う/ 青の封印/ Kの処刑場/五月、拉致られる/さらば愛しき女(ひと)よ/羊たちの祭壇/竹林(ちくりん)温泉殺人事件/時計台の首縊り(くびくくり)の鐘/魔都に鳴く龍/ 君にささげる花束/ Sの葬列/俺たちは天使じゃない/ローマの厄日(やくじつ)/宝島へようこそ/シンギング・バード/奥様は魔女!?(マンガ版)/保健室とマシンガンv/ 嵐の歌を聴け/その女、凶暴につき/八月の雨/Uの烙印/もっとも危険なゲーム/バカップルがいっぱい/雨の海に眠れ/S黄尾、解散!?/ 史上最大の作戦(前編・後編)/奥様は魔女!? リターンズ
  • 振り返れば先生(ヤツ)がいるシリーズ(全2冊)
    振り返れば先生がいる/振り返れば先生がいる2ndシーズン
  • 王子様にキスを
  • 人は影のみた夢シリーズ(全4冊)
    人は影のみた夢①~④
  • 華(はな)は藤夜叉シリーズ(全2冊)
    華は藤夜叉/PURE GOLD
  • アル-ナグクルーンの刻印シリーズ(5冊)
    クィンティーザの隻翼(かたはね)/エズモーゼの左手/星は踊る/ 月を狩る森/砕けた紋章
  • この雪に願えるならば
  • 雨の音洲(あめのおとしま)秘聞シリーズ(全3冊)
    闇燈籠(やみどうろう)心中 桜の章、吹雪の章/ 朧月鬼夜(おぼろづきよ)抄
  • 月虹(げっこう)のラーナ
  • 羽硝子(ハネガラス)の森
  • 睡蓮の記憶
  • カウス=ルー大陸史・空の牙シリーズ(全17冊)
    誘いの刻(とき)/太陽のエセラ/ 祭りの灯(ひ)/嵐が姫《幽幻(ゆうげん)篇》《風雷篇》/忘我の焔/今日命(きょうめい)の螺旋/かさねの鉢植/女神の輪郭(前編・後編)/影朧(かげろう)の庭/聖女の卵/夢眩(むげん)の鏡/華烙(からく)の群れ/蘭の血脈《天青(てんじょう)篇》《地猩(ちじょう)篇》《紫浄(しじょう)篇》

ビーズログ文庫既刊

  • 少年ユヅルの優雅で怠惰な王国
  • 神抱く凪の姫シリーズ(全3冊)
    キレ神様、お目覚めにございます/耐えてください、キレ神様/誓いの刻です、キレ神様
  • 姫さま、恋愛禁止です!シリーズ(全2冊)
    花婿はお馬の王子/旦那さまと呪いのウサ耳
  • 女神の娘の恋歌(こいうた)シリーズ(全3冊)
    暁は伯爵、黄昏は魔王/光の乙女、闇の聖女/一瞬の光、永遠の輝き

幻狼ファンタジアノベルス既刊

  • 半魂香―まどろみの巫女と〈守護者〉―〈上〉〈下〉